さいみん!

 ※タイトルロゴが某うんたんアニメとくりそつ

ですが、この作品はそれらとは一切合財関係

ございません!※




 さた、そんな「さいみん!」ですが、今回はインパクトという点では良くも悪くも一級品と言えるでしょう。
 まず、ヒロインは6人(美少女文庫では多めの人数)。扱っているネタが催眠(エロゲーとかで見かける「相手を言いなり」的なもの)。そして終盤から始まるエロエロカオスワールド(詳しくは本を読んでみてね!)。いやもぅ凄いね。
 とりあえず、いろんなヒロインをつまみ食いしたい! とにかくエロシーンの数で勝負! 過程より結果が大事だ! な人にはオヌヌメできると思います。


 た・だ・し!

 私はここで遇えて「待った!」を掛けたい。

 まず、催眠と言ってはいますが、実際は不可抗力で能力を発動してしまい、ヒロインに押し倒される形で事に至るエロが大半です。エロゲーとかで見かける「あなたは段々眠くなーる」的なものは一回を除きありません。そして最後まで、催眠能力は分からずじまいです。
 また、多人数ヒロインものの宿命として、ヒロインへ感情移入出来るようになるまでの時間が足りない。そのため、いきなり出てきてセックル、ということもざらです。
 そして終盤、恐ろしい展開が……。(反転)何故かヒロインを含む女性たちがネイキッドで往来を闊歩するという事態となります! 作中では主人公の催眠能力が町ごと作用してしまったのだろう、という説明がされてますが、いくらなんでもやりすぎだろうと率直に思ってしまいます。そして怒涛のエロシーンハイライトと7Pが待ってるわけでして、ただなんでそうなったかの説明が皆無だったりします。
 その点をどう捉えるかがこの作品の好き嫌いを分かつところだと思います。


 まぁともかく買ってみてください。そうすれば分かります。
 男なら迷わず買え! そして玉砕しろ!(ヲイッ


 お後がよろしいようで。


美少女文庫での紹介
エロライトノベルWikiでの紹介
スポンサーサイト
[PR]

トリプル押しかけ許嫁

 くらら最強伝説! な青橋さんの新刊です。

 今回はヒロイン3人ものとなっておりまして、ヒロイン三人が最初っから許婚という設定から始まります。「W新婚お嬢様!」と若干似ていなくもにないかもしれませんが、今回は最初からクライマックスではなく、ちゃんと手順を踏んで事が運んでいます。

 面白いなー思ったのが、主人公を含めた四人に備わっている『能力』です。
 事前情報からは一体どんなバトルをするつもりなのじゃ、と思ってましたが、能力は作中において納得の出来る形で組み込まれ、更にエロシーンにおいてアクセントを出す要素ともなってます。よく思いついたなぁ~、と感嘆の一言です。
 能力の一覧は、
●くらら:天才的頭脳。デメリットとして身体が弱い(ロリ体型はそのため)
●若葉:五感を意図的に遮断できる『集中』。デメリットとして能力が切れると五感が鋭敏になりすぎる(視線が物理的に感じるほど)
●理華:身体能力が爆発的に上がる『加速』。デメリットとして能力が切れると身体が弛緩してしまう(喋ることすら困難で、破瓜にも気づけないほど緩くなる)

 若葉先生と理華に関しては、デメリットが上手く作用してエロシーンにインパクトが出ています。ゲーム的に言えば、くららはパッシブスキル、若葉先生と理華はアクティブスキルみたいなもんです。

 ……主人公? あぁ、一応ありますが、

●主人公:萎え知らずの絶倫。デメリットとして精子量が少ない。
 いや、↑はマジな設定なのですよ。まぁ作品を読んでいただければ上手く説明がされているので納得できるものかと。
 改めて青橋さんの丁寧さが窺える一冊でした。


 あー、それとWeb番外編が出てるようです。
 番外編はくららのワンマンショーの模様です。若葉先生と理華涙目w


美少女文庫での紹介
エロライトノベルWikiでの紹介

ご主人さまでしょ! ツン会長のメイド奮闘記

「あれ? これニ次元じゃね?」と思った方。それは正しい。
「あれ? ここって美少女文庫専用じゃね?」と思った方。それも正しい。
 ただ、私は言いたい。声を大にして言いたい。

 不倫は文化だっ!(←最低)



 さた、人類の屑が戯言をほざいたことですし、レビューレビュー。
 今まで散々っぱら美少女文庫一筋だった私ですので、ニ次元はよーわからんのですが、どうやら新人さんのようです。
 端的に言えば、王道かつ丁寧な仕上がりで、ツボは押さえつつ可愛さを存分に引き出せた安定作、とでも言いましょうか?
 キャラ的には、生徒会長・ツンデレ・メイド・勇猛果敢。
 ストーリー的には(反転)とあるきっかけで主人公に惚れてしまった生徒会長サマが主人公の傍に居られるようメイドを志すが、初っ端の修行先が主人公宅なわけで、そっからムフフアハハイヤンな展開なのでゴザル的な感じッス。

 ともかく、ヒロインの夕貴がカワユス。ツンとデレの配分も良い感じで、主人公をイジめたり、逆にイジめられたり、家と屋敷で立場が反転するので(学校では主人公は生徒会長の補佐役)、結構メリハリがついているのだと思います。
 エロさは、まーイケるでしょLV(分かりづらっ)みたいな? 属性補完すれば充分実用LVだと思います。

 ちなみに、ベストチョイストークは、
・160頁冒頭(反転)

「ほらだって。もう、お昼を食べる余裕はないでしょう? だから、その分栄養補給をさせてもらわないと、ねえ?」
「……会長。言ってることが、下品すぎます……」


 俺はそんな下品な夕貴サンも大好きだっー!
 でも結局、昼飯喰ってたほうが早くネ? なんてツッコミはナシでw
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR