(美少女文庫)月下の巫女

  月下の巫女(美少女文庫)


顔の○い月……?(ヲイッ)


さた、そんな「月下の巫女」ですが、今回は今までの作風とちょっと感じが違うと思いました。
というのは、ヒロイン・月島乃乃香の狡猾さと主人公・藤村朋也の凶暴さにあります。
乃乃香は月島家の呪いともいうべき性質をもってしまったため、とにかく誰かとセックスをしなければならないのですが、それに白羽の矢を立てたのが朋也でした。けど、彼女は彼にそのことを話しません。言うなれば、自分の命を永らえさせるために彼を利用したわけです。
「セックスという行為をするためだけに利用しようとした」というヒロイン像は、わかつきさんのデビュー作「いもうと~SWEET&BITTER~」の可菜に通ずるところがあります。
一方朋也も、そんな乃乃香に利用されている──つまり愛のないセックスを強要されたことで苛立ち、彼女にハードなプレイを施すことになります。これも「いもうと~SWEET&BITTER~」の徹にどことなく似ています。
そういう意味では「原点回帰」と言ってもいいのかもしれません。最後も二人はちゃんと互いに向かい合って理解を深め、相思相愛の関係になっていきます。
お堅い風紀委員な乃乃香も、セックスを通じて朋也との距離を縮めたことでどんどん柔らかい女の子に変わっていく様は、読んでいて結構ニマニマできる展開でした。潔癖症な彼女が鉄板のマゾ娘へ変貌するのも好印象ですし、徐々に恋心が芽生えていくのも素敵だなー、と思います。CARNELIANさんの描く黒髪ヒロインも神秘的に見えて、ポイント高しですよw


でも私が気になるのは、ここのところ主人公が抱えてるヘタレ問題なわけでして。
朋也は乃乃香との関係が期限付きのものだと思い込んでいました。相手の乃乃香は真摯に朋也に好意を向けているのに、彼は自信のなさからそんな思い込みを抱くわけです。
最近のわかつき主人公は自信がないからと人(ヒロイン)の話をちゃんと聞かないことが多いんですが、今回の朋也はそれが顕著だったような気がします。
もっと自信満々の強気な主人公って、いませんかね? でも主人公をこー設定してヒロインが引っ張っていけるようにしたほうが、物語的に面白くなるのは分かるんでしょうがないのかもしれませんね。
あとどーでもいいですが、最後の挿絵に出てきた朋也の姿、結構凛々しかったですねw


さて恒例にしようかと思いつつある、名台詞と挿絵ベスト3の発表です。
名台詞編
39頁『嫌いなタイプだったら、こんなコトしないわよ』(乃乃香)
109頁『少し好きではじまった関係を、大好きに変えるのはお互いの努力ですよ』(乃乃香の祖母)
246頁『私って、期待しちゃダメなのかな? 朋也くんの恋人のつもりだったんだけど』(乃乃香)

挿絵編
86頁、99頁、179頁

ところでこの作品、特定の書店で購入するとメッセージカードとわかつきさんからのバレンタインチョコレートが貰えるスペシャル仕様だったらしい。
私は手に入れられませんでしたよ。HAHAHA.リア充実○ね(コラッ)


   ──総 評──
キャラクター:★★★★☆
ストーリー:★★★★☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆+


美少女文庫での紹介
エロライトノベルWikiでの紹介

その他のブログ・サイトによる紹介
「わかつきひかる」さんを応援するWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

(美少女文庫)お嬢様☆メイド化計画

お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫) 


あ……ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは、YUKIRINの挿絵を見ていると思っていたら、いつのまにかみさくらなんこつの挿絵と見間違えていた」
な……何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何が起こったのかわからなかった……。
頭がどうにかなりそうだった……。発注ミスだとか路線変更だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。


さた、そんなこんなで今回は山口陽さんの「お嬢様☆メイド化計」なわけですが、一部で挿絵がみさくらなんこつっぽくなっていると話題になってるようです。持ってる方は、まず表紙を捲ってもらえばお分かりかと思います。
どう見てもみらくらなんこつです。本当にありがとうございました。
まぁ要するに、アクメったときにヒロインが白目剥いちゃうわけですよ。これは好き嫌いが別れるのではないでしょうか? 私はちょっちイヤかなーと思いましたが、本編のお嬢様の淫乱っぷりを鑑みれば、あながち合っていなくもないと思います。

今回のテーマは「逆転劇」
主人公・浅沼浩光はご令嬢・九条亜佐美の専属執事として生活していましたが、とある日にこの二人は赤子の頃に互いを取り違えたことが判明。そのため執事だった浩光は御曹司へ亜佐美は使用人へとさせられてしまうのでした……。(浅沼家は先祖代々、使用人の家系らしい)
こう書くとコメディっぽいノリかもしれませんが、私個人としてはちょっと切ない話なのかもな、と思います。

お嬢様の頃の亜佐美はそれこそ暴君で、浩光を辱めるためといって足コキするわ、出した精液舐めさせるわ、鬼畜の限りを尽くすんですが、使用人に転落してからはしばらくは今の境遇に納得できず御曹司になった浩光に高威圧に接します。
ただ段々と、他の使用人たちの陰口や級友たちからの奇異な視線に堪えかねるようになり、孤独になっていきます。
さて、この辺りの境遇を「ザマァww」と言うか、「可哀想に……」と思うかでこの作品の評価が別れそうです。前述した暴君っぷりもあったことで、この辺りは結構悲惨に描写されるわけですが、そんな彼女を救うのは、やはり元執事で現主人である浩光なわけです。

予定調和といえばそれまでですが、その過程で浩光は亜佐美を性的に調教して従順にさせて彼女の保身を図ることになります。その影響で彼女はゆがみねぇ淫乱になり、第四章のあたりになると(性的に)従順になった様子が見られます。そしてアヘ顔も……。ヲイヲイッ亜佐美さん、だらしねぇな。
印象に残ったのは、一人授業をサボって浩光の机で自慰するシーンでしょうか。そうでもしなければ、その時の彼女はホントウに辛かったんでしょう。なんとなく切なくなりました。
そしてラストですが……まぁ、これは伏せておきましょう。
「ハァ?」と思うかどうかは人それぞれだと思いますが、この結末は浩光と亜佐美の二人が無事に幸せになれる最良のモノだったんじゃないかと、私は思います。


さて、突然ですが名台詞と挿絵ベスト3の発表です。
名台詞編
214頁『浩光には、私をこんなにエッチにした責任、取ってもらうんだから……』
276頁『……貴女なんて玩具で充分よ、浩光は私のものなんだからっ』
290頁『どっちなのっ!? 私のことをこれからも可愛がってくれるのかしら!?』

挿絵編
11頁、277頁、301頁(アヘ顔)


メイドものは外れがないと信じて疑わなかった私ですが、こんなはストライクに当たった……という幹事とは違いますネェ(でもレビューが長いorz)
アヘ顔見たさに購入してみたも、面白いかもしれませんねw
そーいえば、サブヒロインでもう一人メイドさんがいたような気がしますが……誰でしたっけ?(ヲイッ)


   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★★☆☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★☆☆


美少女文庫での紹介

エロライトノベルWikiでの紹介

その他のブログ・サイトによる紹介
『美少女文庫 レビューブログ』さん
『読み人知らず。』さん

続きを読む

ねんがんの しんかんを てに いれたぞ!

月下の巫女(美少女文庫)
月下の巫女(美少女文庫)


 お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)
お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)


そんなこんなで、仙台に行ったのついでに美少女文庫の新刊を買ってまいりました。
まだ残業が続くので読めないですが、どっちから読もうか迷いますねぇ。

(二次元ドリーム文庫)メイドなお姉さんはいかがですか?

メイドなお姉さんはいかがですか? (二次元ドリーム文庫 148) 

『箱根の皆さ~ん、うたわれるメイドものですよぉ~!!』

はい、メイドものなのでテンションが上がってしまいました。反省はしていません(ヲイッ 更に「うたわれるものらじお」のことは全く知りません(マテッ
でも、レビューは真面目にしますよ。

天音姉ちゃん(*´д`*)ハァハァ
成海姉ちゃん(*´д`*)ハァハァ
晴菜姉ちゃん(*´д`*)ハァハァ

以上
うそですごめんなさいちゃんとやります。ボケたかっただけなんです。


さた、この物語は義姉(物語当初は伏せられている)たちが弟をご主人様と仰ぎイヤンアハンらめぇをするお話です。
弟なのにご主人様とはこれいかに? とお思いでしょうが、主人公はとある大企業の御曹司だそうで、義姉である三姉妹はその主人公と血縁関係にないため相続権がない。そのため、年上ではあるが、そんな御曹司である彼へメイドとして仕えることとなった、という按配です。

……なーんですが、実際職業メイドらしいことはあんましません。やることはエッチのみ。そーいう観点から見ればちゃんと仕事してますけどねw
ただ、義姉とはいえ今まで姉弟だった関係をいとも簡単に踏み越え、エッチに貪欲になれる主人公の図太さは若干ご都合主義っぽく思えなくもないです。
ラストもあっさりしてますし、物語の深み自体は大したことありませんが、キャラクター単体の魅力と、エロくて実用的だったらそれが正義なのだっ! という諸兄にはなんの問題もありません。私も問題ありません。(ヲイッ

ヒロインもバランス良い感じです。包容力のある大人な天音姉さん(長女)、真面目で頑固な成海姉さん(次女)、姉だけど妹のように子どもっぽい甘えたがりな晴菜姉さん(三女で主人公と同い年)。( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい! の大きさも年上の順に比例しています。キャラ的には若干、成海姉さんが優遇されているか(表紙でもそうですが)? でも先に唾つけたのは天音姉さんです。さすが長女w

んな感じで属性補正もかかり、この作品は私的にかなり気に入りました。まだ2010年始まって大して経ってはいませんが、美少女文庫の『お嬢様メイドはヴァンパイア!?』のようにメイドさんはかなり強いですね。
こーなると『お嬢様☆メイド化計画』も期待大ですね!



   ──総 評──
キャラクター:★★★★★+
ストーリー:★★★☆☆+
エロス:★★★★★
イラスト:★★★★★+




ニ次元ドリーム文庫での紹介

エロライトノベルWikiでの紹介

続きを読む

美少女文庫のサンプルシーン、公開されました

美少女文庫の新刊のサンプルシーンが公開されました。
今月の新刊は、↓の4冊です。

月下の巫女(美少女文庫)
月下の巫女(美少女文庫)


 お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)
お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)

 
乙女の園を独り占め!(美少女文庫)
乙女の園を独り占め!(美少女文庫)

 
先生サマの飼育係(美少女文庫えすかれ)
先生サマの飼育係(美少女文庫えすかれ)


ナニはともかく、わかつきファンとメイドスキーの私として『月下の巫女』『お嬢様☆メイド化計画』は購入予定リスト入りです。あと有子遥一さん効果で『先生サマの飼育係』も候補入り確定しますた。
上原りょうさんの『乙女の園を独り占め!』はスルーということで、今月はニ次元の『メイドなお姉さんはいかがですか?』も含めて、賑やかな月になりそうです。


サンプルシーンの感想としては、
巫女……いつものわかつきさん。精液ねだり、子宮頚管粘液、銀色のもやはもはや鉄板ですね。しかし、月に引かれずに済むとは?
メイド……wkiにて「YUKIRINがみさくら化した」というコメントがありましたが、……あーなんとなく分かります。今までのYUKIRINさんのアヘ顔と、ちょっち違うね
乙女の園……スンマセン。人数多くてよく分かんないっす(ヲイッ
飼育係……動物コスプレ、おいしいです。命令口調でおねだりされるのもいいもんですね。おおおうん!


美少女文庫の発売日は、17~18日です。
みんな、wktkして待とうぜっ!

続きを読む

(美少女文庫)お嬢様☆超乳化計画

お嬢様☆超乳化計画 (えすかれ美少女文庫) 

執事! それは仕える者。
執事! それは傅く者。
執事! それは主のおっぱいを揉んで育てる、フォーマルな変態守護者。
……そう、これは一人の令嬢の為におっぱいを揉んで生活する少年の、超っ! おっぱいコンバットストーリーなのであるぅ!

(CV:若本規夫) 

当たらずも遠からずな説明だとは思いますよ? めっちゃ某執事のネタですがw


そんなこんなな『お嬢様☆超乳化計画』
お気づきの方は多いと思いますが、以前の作品『お嬢様☆お世継ぎ生産計画』(※1)と同じ世界観の模様です。
えすかれノーベルという点や、最後に○○のも同様。しかも2月の新刊にも何やら見覚えがあるタイトル(※2)が……。
『メイドインバトル!』が終了して、今度はこちらがシリーズ化するんでしょうか? 楽しみです。

お嬢様☆お世継ぎ生産計画 (えすかれ美少女文庫)
(※1)お嬢様☆お世継ぎ生産計画 (えすかれ美少女文庫)

お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)
(※2)お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫)


さてこの物語の大筋は、諸々の事情があり人身売買されていた主人公・戌亥慎一郎が蛇神紫苑にお買い上げされ、娘である蛇神咲夜の執事を命じられる物語です。
ただ、普通の執事ではありません。蛇神家は女系一族であり、その後継者としての資格はおっぱいバストが100以上なければならないという決まりがあるというのですが、慎一郎は執事としてその役目を負うこととなったんです。
ただ、物語が進んでいくとおっぱいを育てる目的は薄れ、むしろ母と娘で主人公を取り合う物語へとシフトしていきます。
最終的には咲夜のおっぱいを見事に100越えさせることができるのですが、更になんと彼女と母の紫苑を○○せるという展開に。そして慎一郎は咲夜と結婚して彼女の夫となるのですが、相変わらず母と娘の二人から求められる生活を送るのですた、と……。


軸がブレてる、といえなくもないですが、娘をからかう淫蕩な母とツンデレ凶悪令嬢のイヤンアハンらめぇを見たい、という方にはオススメでしょうか。
あと最後の最後にコスプレもありますし(美少女文庫公式サイトのサンプル参照)、イラストも肉感たっぷりの( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい! ですので、文句なしでしょう。
ただまぁ、本来は咲夜のために雇った執事なのに母親が手を出して事に及ぶというのは、なんだか寝取りっぽくてアレな気がしなくもなくはないですがね……。


   ──総 評──
キャラクター:★★★★☆
ストーリー:★★★☆☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆


美少女文庫での紹介

エロライトノベルWikiでの紹介

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR