(美少女えすかれ文庫)お嬢様は白いのがトコトンお好き!?

お嬢様は白いのがトコトンお好き!? (美少女文庫えすかれ)

よもや続きが出るとは思わなんだ……。(挨拶)


ひさびさのレビューですが、実はこれまだ全部読んでないです。
でもなんかもういいやって気分になったので(ヲイッ)書いちゃいますね。スンマソン。

この作品は去年の夏頃に出た「お嬢様は白いのがお好き!?」の直接な続編となっています。「サムライガール」や「メイドなります!」、「メイドインバトル!」と似たようなものですかね。私自身は直接の続編である作品を読むのは初めてです。

さて、感想なのですが……、うーむぅ。なーんか、なぁ……。
正直に申しましょう。なんか、ピンとこない。
原因はなんとなく分かってます。続編であるがゆえの弊害といいましょうか。
今回の作品は、分かりやすく言うと「エロゲーのファンディスク」なんです。全てに本編は前作で終了し、今回はただひたすらシチュエーションを変えながらエロをするのみ。ある意味ポルノメディアとして潔いといえますが、悪い言い方をしてしまうとそれらは既に蛇足なんです。
私は進むべきゴールに沿いながらエロをする作品が好みなんですよね。だから今回の、ただ純粋にエロシーンのみを収録したような今作には、若干乗り切れなかったわけです。
そんなこと言ったら河里作品はどうなんじゃ、とお思いでしょうが、あの人の作品は最初からあぁいう作風なので、私としては特に気になりません。前作の「お嬢様は白いのがお好き!?」がストーリーのある作風であったために、今回もそーいうを期待して肩透かしを喰らった感があったんだと思います。

あと前作は気合の入ったマンガが収録されていましたが、今回もひとつだけありました。
……なぜひとつだけだったのか。前作で鬼ノ仁さんが燃え尽きてしまったのか、それとも編集部が今回は押さえていこうと思ったのか。どーなんでしょうね。
そして挿絵。
何故か純粋にエロをしているイラストが実は少ないんです。全身黒タイツの執事と武装メイドの挿絵とか、雄汁まみれのライダースーツの足しか見えない挿絵とか、このチョイスはわざとなんでしょうか? うーむ、どういう狙いがあったんでしょうかね。


あとすっごい実も蓋もないこと言っちゃいますが、続編を書くんだったら「妹ChuChu」の続編が私はよかったです!
そして人間サイズになったエルナと美奈が進争奪戦するとか、想像するだけで…………。




   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★☆☆☆+
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

(2010年5月)美少女文庫、サンプルシーンが公開されました

良い子の(大きな)お友達のみんな、ミ ナ ギ ッ テ ル ?(最悪や)
美少女文庫5月分の新刊が発表されましたね。
今月は以下の4冊の模様。今週中には出るかな?



さいみん生徒会 (美少女文庫)
七海 ユウリ
フランス書院
発売日:2010-05-30
 
妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い! (美少女文庫)

姉妹丼でいこう! (美少女文庫えすかれ)


とりあえず第一陣は「さいみん生徒会」と「お姉ちゃんを×ませて?」で行こうかと思います。
青橋さんは第二陣、山口さんは他のレビューや評判を聞いてからにします。でも山口さん、今回リバーシブル表紙になるという話らしい……。

マヂでかっ?!


そんじゃそれぞれの作品の第一印象をさらっと。

【さいみん生徒会】
期待半分、不安半分。巽さんの「さいみん!」での苦さと、七海さん初のトリプルヒロイン制度がどう転ぶか……。とりあえず、みんな平等にしたら薄くなったというのはご勘弁を。
【妹はふたご巫女 ツンでヤンで兄想い!】
青橋さんの妹モノって、かなり久しぶりですかね? でもタイトルの時点でもう「ヤン」とか入ってるということは、今回もまた強烈な独占欲強いヒロイン誕生の予感……。
【姉妹丼でいこう!】
リバーシブル表紙仕様。「姉妹」とありますが、サンプルでは母も登場してるので実質トリプルヒロインもの? 挿絵は知らん方やな……。色んな意味で予測がつかない。
【お姉ちゃんを×ませて】
今月のTHE・注目株。サンプルのイラストと猫化+姉モノということで即決。これはなんというエロス……。あっ、そーいや上原さんお久しぶりですw

続きを読む

(ニ次元ドリーム文庫)暴れん坊メイドは甘えん坊

斐芝嘉和
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-05-12



画像がないって、どういうことなの……?(挨拶)


はい、そんなこんなでメイドバカ一代のフミツキです。今回は「暴れん坊メイドは甘えん坊」をお送り致します。
メイドは無条件で高評価……。そう思っていた時期が私にもありました。
ですが、全ての作品が良かったというわけじゃないんだと、切ない現実を私はナイフの如く喉元に突きつけられたわけです。まぁ、仕方ないですが。


主人公・宝飯大雅(ほい ひろまさ)は名家の御曹司でありながら、だらしない父親に心酔するメイドたちを姿に幻滅し独り暮らしをしている大学生。そんな許に父から遣わされたメイド・長谷川朱莉 (はせがわ あかり)がやってきます。
数多くのメイドが今までも彼の許へやってきましたが、その全てを追い返していた大雅。だが彼女は自分が追い返されそうだと知るやいなや、恐ろしく暴力的な一面を覗かせそのまま彼の許に居座ることに成功します。
そんなこんなで大雅はメイドと狭い一室で同棲生活を送ることとなるんですが……。

大雑把なあらすじはこんな感じです。
タイトルにもある「暴れん坊」というのは、すぐに手が出やすい暴力的な一面を現しているわけですが、実は単に暴力的というわけではなく、感情が高ぶるとそうなってしまうというだけなんです。
てっきり猟奇的な性格かとばかり……。
しかも彼女はかつて大雅と出会っており、その時から彼を一途に思っていた純真な心の持ち主でもあるのです。「甘えん坊」というのは、そんな愛しの彼に甘えたい彼女の本心を現しているのです。
序盤のほうで彼女の心理描写が出ているんですが、朱莉が自身の手が出やすい性格を苦に思い悩んでいるシーンがあるんですが、すごくそこが可愛いんですよ。うん、えぇ娘やないけ。


だが先述した通り、この作品は激しく私の煩悩心を揺さぶることができませんでした。
読んだ直後はよく分からなかったんですが、今でもその全てが分かったわけではありません。
ただ、ある程度説明はできるくらいには纏まったようです。

多分なんですが、主人公・ヒロインともに理屈っぽくすぎたのが悪かったんでしょうか?
こうしたら嫌われるかもしれない、こんな気持ちでエッチしちゃいけない、こんな時ならどうするべき……etc。
私すっげぇひどいこと言いますけど、うだうだしてないでさっさとヤれと言いたい。またヤらなくても、その他日常イベントを展開しておくれ。
思い悩むのは悪くなんですが、彼らの場合冗長すぎたのかもしれません。まぁそれだけ彼らが真面目で不器用なんだと思いますがね。

あと、タイトルに偽りなしではあるんですが、結果として「甘えん坊」の部分がちょっと気にかかりました。
基本的に朱莉は大雅が大好きなんですが、その愛情表現は「相手に尽くす」より「相手に構われたい」という部分が大きいようです。
これは明らかに私の偏見なんですが、メイド属性とは大なり小なり「他者に尽くしてなんぼ」と思ってます。そういった意味では、彼女は私の中のメイド像と離れていたと思うのです。それが、彼女というキャラクターを心の底から好きになれなかった要因だったのかもしれません。
あっ、誤解なきよう言いますけども、嫌いではないですよ? 年下や後輩キャラならベストマッチだったでしょうね。まぁそれを「敢えて」なのがこの作品なんでしょうが。


   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆
ストーリー:★★☆☆☆
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★★☆




ニ次元ドリーム文庫
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ

(美少女文庫)センセイは俺の嫁!?

センセイは俺の嫁!? (美少女文庫) 

はちみつ授業ですね、分かります(挨拶)


……さて、はちみつ授業なんて言って通じる人なんざいないと思いつつも、ボケられずにはいられなかったマサヒトのレビューです。
今回はみかづきさんの新刊ですね。


前作「生徒会長は俺の嫁!?」類似コンセプトの作品の様子。シリーズものになるんでしょうか?
今回は美人教師との恋愛。生徒×教師という禁忌的な側面もありますが、全体の雰囲気はふんわり甘々、そしてちょっとのシリアスというガチ恋愛ものです。
この点は前回も同じですが、続けての執筆だったためか、こちらのほうがよりしっかりとした作品になった印象を受けました。


物語は、ひょんなことからお嬢様高校のセレブ教師・有栖燈華(ありす とうか)から婚約者にならないかと持ちかけられた主人公・相田勝が、紆余曲折を経て徐々に恋心を築き上げていくおはなしです。
……実にざっくりした説明ですが、そうとしか言いようがないのです。ただその代わり、かなり真剣に恋愛しています。
そもそもの出会い自体や婚約者云々もかなり強引であったのがかなり厳しいですが、その序盤さえ気にしなければ、教師と生徒という立場から来る現実的な問題や燈華先生を狙う下衆野郎との確執など、結構面白いです。


これを読んで思ってたのが、勝や燈華先生のバックボーンが結構深めに設定されていて、かなり真面目な二人だなーと感じました。終盤に勝が燈華先生の父親に交際を認めてもらうイベントがあるんですが、そこでも彼の真面目さや誠実さが如実に現れていると思います。
そして彼って、結構恵まれてる人間ですよね。彼のバイト先の店長も言ってましたが、周りの人たちが応援してやりたくなるような、人に好かれる人間なんです。なんか結構、好感持てます。
燈華先生も、勝よりも当然年上であるものの、彼の前では結構頑固だったり抜けているところがあって、「凛とした大人の女性」というより「可愛い女性」と言った形容が似合う感じだと思います。


ちょいと……と思った点は、前述した通り、婚約者云々の流れが強引だったこと。
燈華先生が勝にそう持ちかけたのは、そもそも勝がバイト帰りに深夜外出したことを見咎めたのがきっかけでした。彼をその場では大学生ということで事無きを得ますが、疑ったお詫びに食事を奢ると先生から申し出、その車内でしばし会話をしたのち、いきなり「婚約者にならないか」と出たわけです。
まぁ結果的に言えば、彼は誠実な人間だったので問題なしではありましたが、わずか数分話しただけで婚約者にならないかってのはいくらなんでもどーかと。そもそもが、老い先短い命(と彼女はカン違いしている)な先生の父を安心させるためっていうんですからね。……まぁ、結婚観は人それぞれ、ということにしておきましょう。


ところで、これは突っ込まねばならないと思ったので、言わせていただきます。

 深夜アニメが放送されていた。おっぱいだのパンチラだのが大画面いっぱいに移り、所狭しと暴れまわる。
 猫耳におっぱいメイドに貧乳幼女とか、萌えてんこもりの作品で……(省略)

「おま●もりひ●り」じゃないですよね、みかづきさん?



   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★★★☆
エロス:★★☆☆☆
イラスト:★★★★☆


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず。 
みかづき紅月の館(みかづき紅月さん本人による紹介)

続きを読む

(美少女文庫)My姫なごみ

My姫 なごみ (美少女文庫) 

そうだ、京都へ行こう(挨拶)

はい、すっごいベタでしたね。でも小ネタはベタなほうがウケると私は信じてるんです。
まぁ、どうでもいいですか。それよりレビューですね。
今回はみんな大好き、わかつきひかるさんです。

タイトルは「My姫」となっていますが、前回のカリン姫とは繋がりはなく属性が同じというだけです。
ただ正確には「姫」というより「お嬢様」という形容が妥当に思え、話の流れや展開は「Myメイド」に近いものがありますけどね。


わかつき ひかる
フランス書院
発売日:2008-06

わかつき ひかる
フランス書院
発売日:2007-12


ヒロインとなる冷泉院沙耶(れいぜいいん さや)は貧乏公家の姫を先祖に持ち、長く続く華道冷泉院流家元を受け継いだのですが、現在は廃れてしまいお家再興のためフラワーフェスティバルへの入賞を目論んでいます。
作中で京女は腹黒と描写され、京都の人間である沙耶もそれに漏れません。最初は主人公・九数馬(いちじく かずま)の許婚として彼女に近づきますが(許婚という事実自体は本当のことである)彼に自身の魂胆を看破され、その上で彼女に協力してくれる彼のことを、沙耶は段々好きになっていきます。

さて今回の目玉は、やはり「京都弁」と「華道」でしょう。華道のネタ自体は一般ラノベである「ラッキーメイド天くん」2巻で描かれていますが、京都弁は初となります。恐らく、ジュブナイルポルノで京都弁喋るヒロインは、彼女以外いないんじゃないでしょうか?
「京都弁喋るなんて不安や……」とお思いの方もいるやもしれませんが、私個人としては別段気になりませんでした。ちょっとしたアクセントとして丁度良いんじゃないんでしょうか。
華道のネタは分からない人には置いてけぼりをくらってしまいそうな感じですが、まぁその当たりは分からなかったら分からないなりに読み流しても問題はないかもしれません。ただ描写自体は結構な文章が割かれていますので、その辺はご留意を。


エロス的にはまったり風味といいましょうか。若干実用性には難があるかもしれませんが、今回は全体的に物語重視なので、作風としては合ってるかもしれません。
あっ、そーいやアダルトグッズ通販は今回なかったな……。


展開としては、よくあるすれ違いや主人公の嫉妬が今回はあんまり(つーか全然?)なかった気がしますね。というか、主人公が若干目立たない?
多分なんですか、沙耶視点が多めだったのがその原因なのではないでしょうか? でも数馬は数馬でいい男なんですよ。終盤、彼は沙耶にこんなことを言ってやるんです。

「そこはやっぱり京女らしく、私なんてぜんぜんあきませんわ。お目汚しですみません、どうか教えてくださいね、ってニコニコしながら、スゥーッと内側に入っていって、ちゃっかり自分の居場所を確保してしまって、お腹のなかだけで、あんたらみたいな老害、私がいつか蹴散らしたる、今に目にもの見せてやる、って毒づくのがいいんじゃないか」
「相手を信用して愛想よくしてみる、ってのはどうだ? 信頼を向けると、信頼が返ってくるぜ」

わかつき作品の中でも一、二を争うウホッいい男に入るでしょうね。
衝撃のファーストブリット! (注:「カズマ」違いです)


そんなわけで京都観光関係者の皆さん。
京都のイメージキャラをいますぐ「せんとくん」から「冷泉院沙耶」 に変えましょう。
そーすりゃみやま零さんの仕事も増えるし、我々みたいな大きいなお友達も大喜びですよヌハハッ。
か、カン違いしないでよねっ!? 別に知ったかで書いたわけじゃないんだからねっ!
……
…………
………………
サーセンしたっ!


   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★★★☆
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★★☆+



美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
「わかつきひかる」さんを応援するWiki
美少女文庫 レビューブログ
水響風
ジュブナイルポルノ作家わかつきひかるのホームページ(わかつきひかるさん本人による紹介)
零G大陸(みやま零さんによる紹介)

続きを読む

(ニ次元ドリーム文庫)ミルク学園にゅ~生徒会パラダイス

ミルク学園 にゅ~生徒会パラダイス (二次元ドリーム文庫 153) 


俺、人間やめておっぱい星人になるよ(挨拶)


そんなことで一人の変態が人間卒業を表明したこの作品ですが、男の浪漫・おっぱいがテーマとなっています。おっぱいが嫌いな野朗なんてこの世にいません。居たとしたらそれはガチ×モです。ヤラナイカ。
筆者の神崎美宙さんとは以前「ツンプリ」でお会いしましたが、アベレージに良い作品だったなーと言うのを覚えています。しかし今回のは実に良い! よし、お兄さんはなまるを上げよう。


神崎 美宙
キルタイムコミュニケーション
発売日:2009-08-09



さて、ストーリーは単純明快。生徒会長・鳳凰院桃華が顧問の化学教諭・中野麗美に惚れ薬の作成を依頼したことを発端に、副会長・南条美夜子と書記・相川なつきを巻き込んだ、主人公・ 中野裕行を巡る母乳まみれのエロエロストーリーです。
ざっくりしすぎてますが、これで大体説明は足りてるんだから仕方ないんです。よーつまり、エロ優先ハーレムシナリオということです。

それじゃ、そのエロスってなんぞ? と問われればおっぱいと母乳と答えます。実は惚れ薬は肝心の惚れさせる作用はなく、母乳が出る副作用のみが働いてしまうというおいしい代物だったんです。
母乳が出るということはおっぱいが張ってしまうということであり、抜かないと出さないと大変なわけです。そこで主人公の出番。好きに人に絞ってもらえば効果が高いということで、生徒会三人娘は彼に絞ってもらおうとするわけです。つまり、搾乳です。ウハッ、み・な・ぎ・っ・て・き・たw

そしてヒロインは皆さん、けしからんおっぱいの持ち主。
プライドが高く驕慢だけど実は主人公が好きな生徒会長・鳳凰院桃華(E)。
おっとり大和撫子系だけど芯の強い副生徒会長・南条美夜子(F)。
主人公の一つ年上な幼なじみで甘えさせ系な書記・相川なつきを(D)。
顧問で化学教諭で主人公の従姉で全ての元凶なチュートリアルヒロイン(ヒデェ)・中野麗美(D)。
麗美先生は最初と最後しか出番がなくあまり目立たないので、実質生徒会三人娘がメインヒロインな扱いとなります。

私のお気に入りはなつきさんですかね。厳しいお姉さんタイプから甘えさせてくれるお姉さんタイプへのクラスチェンジって、ズルいですやん。主人公の呼び方が「ヒロユキ」→「ヒロくん」に変わるのもツボです。この場合、敢えて「裕行」でなく「ヒロユキ」という表記なのも高ポイント。えぇわ。例え三人娘で一番おっぱいが小さくても、私は応援します!
あ……、でもスク水の美夜子さんとブルマの桃華さんも捨てがたいよぉ。桃華さんのブルマコスプレシーンの尺、もっと欲しかったなぁ(←変態)

えっ? 結局コスプレが好きなんだろって?
そうですがナニカ?(ヲイッ)



   ──総 評──
キャラクター:★★★★☆+
ストーリー:★★★☆☆+
エロス:★★★★★+
イラスト:★★★★☆




キルタイムコミュニケーション公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず。
キルタイムコミュニケーション公式ブログ 
神崎軽工福岡(神崎美宙さん本人による紹介)

続きを読む

(美少女文庫)お嬢様姉妹はW嫁!

お嬢様姉妹はW嫁! (美少女文庫) 

姉妹「働いたら負けだと思ってる」(挨拶)


はい。3月発売分を今更レビューする時期遅れのマサヒトです。そんなわけで、やっとこさレビューなわけです。
さて、今回は去年出た「W新婚お嬢さま!」とタイトルが似ていますが、コンセプトはそこまで似てはいないですかね。今回の場合は、単に似てしまっただけでしょう。むしろ、「お嬢様×お嬢様」に似ています。


青橋 由高
フランス書院
発売日:2009-01
 
青橋 由高
フランス書院
発売日:2006-08



で、肝心の評価なんですが、……ごめんなさい! ダメでした!
と言いますのも、この作品自体の根底からしてそもそも、今回は私向けじゃなかったみたいです。
ヒロインはお嬢様の円城寺美夏(えんじょうじ みか)と蘭(らん)姉妹で、あまりにもぐだぐだすぎる性格をしています。主人公である塀内貢(へいうち みつぐ)に衣食住を全部依存するほどであり、そのくせ自分たちでそれを治す気がゼロという、重病患者だったりします。

物語は、そんな姉妹を鍛えなおすために二人を東北の高校へと編入させることから始まります。ですが、何故かお目付け役として貢まで同行させられることになるんですが、一応そこでの暮らしは姉妹を鍛えなおすため。ですが、今までだらしなかった姉妹がそうそう頑張るはずもなく、今まで通りズルズルと貢に世話をさせる生活を送っていたのでした……。


さてこの物語の肝は、見た目は可憐で由緒正しいお嬢様でありながら、この実態はぐーたらな女の子、となるわけなのですが、これがそもそも私が気に入らない問題だったりします。
ネタバレしてしまいますが、この姉妹は結局貢に頼りっぱなしになることとなります。というのも、円城寺姉妹は二人揃って主人公に惚れておりまして、自分たちが出来る人間になってしまえば円城寺の跡取りとなって政略結婚させられることとなり、貢と離れ離れになってしまうと考えたのです。
ならば、彼と一緒にいるためにはどうすれば良いか? それはずっと彼に世話をしてもらえるようにふしだらままでいれば良いのだ、という結論に至ったのです。

……いやまぁ、気持ちは分かりますよ。でもですね、だからといって「だらしないままでいい」だなんて、そんなことを平然といえるヒロインを私は人間的に好きになれなかったんです。
事情が事情なんであんまり強くは言いませんが、切磋琢磨し、常に精進し、頑張る輝いたヒロインが私は理想なんです。美夏と蘭はそれを真逆にいくヒロイン。これじゃどーしようもない。
まぁもっとも、創作物なんで私が軽く考えればよいだけなんでしょうけど、私にはそれが出来なかったようです。

なので申し訳ありません。この作品は私の中では低評価となりました。あしからず。


   ──総 評──
キャラクター:★★☆☆☆
ストーリー:★★☆☆☆
エロス:★★☆☆☆+
イラスト:★★★☆☆




美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず。

続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR