(美少女文庫)My姫 プリンセスの休日

My姫 プリンセスの休日 (美少女文庫)
わかつきひかる
フランス書院
発売日:2010-10-20

自作小説のお気に入り登録がまた増えていたんですが……、どういうことなの?(挨拶)


さた、私事は置いておくとしまして。今日は『My姫 プリンセスの休日』です。長ったらしいので、『My姫ホリデー』とでも略しますか(カッコわりぃ……)

実はこの作品、読み始めるまでまでちょっと不安があったんです。
過去の経験からして、私は『現状からの逃避』とか『逃げる』ような主人公やヒロインは嫌う方向性があったからです。各所で出回っていた情報で、『公務からの逃亡』なんて聞いてたもんですから、どうしてもそーいう面は拭えなかったわけです。
ただ結果としては、彼女──シャルロット姫は紛うことなき王女であり、優秀な人物であり、聡明でした。疑ってスマンかった。俺腹切るよ(マテッ

彼女の魅力。それはやはり王女としての覚悟と利発さがあるところでしょうか。
自分の国であるヴェレンシア王国が良い方向へ行くためには、どうしたら良いか。彼女にはアルフレッドという腹違いの弟がいるんですが、彼がシャルロット以上に優秀な人物なんです。
ただ彼女は国王が妾に作らせた子であるということから、国民の目に晒されずひっそりと生かされていました。シャルロットはそれに胸を痛め、自分が王位を彼に渡して時期国王へさせることが最善の方法と考えるようになります。
そしてシャルロットは、自分が無能であるかのように振る舞い、『悪い子』を目指すようになったんですが、元々がマジメな彼女には無理だったようで、紆余曲折あって物語終盤では再び王女としての公務を果たすようになるんです。
私は最初、ただ単に彼女が国民を愛せず王位を捨てたいから『悪い子』になりたがってたのかぁ、と思い違いをしてたんです。そう思っていたからこそ、彼女が本当に国を慮って愚者を演じてことを知ってシャルロットを『本物の気品あるプリンセス』と思うようになったんです。

そして主人公である博人も、今回は好青年タイプな奴で良かったと思います。
初めはシャルロットを痛い娘扱いしていたものの、黒服らに連行されそうになった彼女を咄嗟に助けて逃亡とは、なかなかに肝が据わっているというべきでしょう(向こう見ずなとか青臭いとか言っちゃダメよ?)。
何より、今回はカン違いもしないし疑心暗鬼にならない。これが一番良い。ちゃんと人の話も聞くし。これからの主人公もこうであってくださいね。


んで、エロス。今回も結構エロかったですね。挿絵的には白濁っぷりが目立つ絵がやや多め? そしてまさかの(擬似)SMプレイで数年ぶりの「ご主人様」発言。キタコレ。私のカールグスタフもレアメタルになっちまったよハイハイワロス。
お気に入りの挿絵は197頁ですかね。この時のシャルロットの表情が抜群にエロい。今年一番のエロスちゃう?w シーンとしては二日目のラブホのが好きです。いいわ混浴。確かに日本の文化です。……ンッ?



無印のカリン、なごみの沙耶、そして休日のシャルロット。いずれも高潔の精神を持った誇り高いプリンセスでした。次のプリンセスは、一体どんなヒロインなんでしょうか?

(Fin)

  
   ──総 評──
キャラクター:★★★★☆
ストーリー:★★★★☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ
水響風

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

(美少女文庫えすかれ)生徒会長はエロゲー好き

さた、いつまでも浮かれてないで本職(?)に戻りますか……。


そんなこんなで、『生徒会長はエロゲー好き』なんですが、……ちょースキやわこの娘w
(陵辱)エロゲー好きで妄想癖があってエログッズ蒐集とか、このあからさますぎるヲタ趣味の設定付けが良い。
誤解を恐れず言いますが、こういう嗜好の人って普通に実在するはずです。だがエロモノ好きという嗜好に少なからず負い目を感じている人も、少なくないかもしれない……。(注:かなりの偏見です)
だがヒロインの由希菜はそんな自分を誇っています。負い目なんてナニソレの境地。それは即ち、前述した嗜好の人種を肯定することでもあります。そんな彼女は、天使と呼んでも差し支えないでしょう。
天使ちゃんマジ天使(これが言いたかっただけw)


んで、そんなマジ天使ちゃんな由希菜ですが、脳味噌はぶっ飛びまくり。
特に序盤の議事の最中に彼女が妄想しているシーンなんて、超好きすぐる。なんだよおちん×ん親衛隊ってw 病院イけよアンタ(注:褒めてます)
主人公の朋之を強引な理屈でレイプ魔に仕立て上げようなんてところも、可愛くて仕方がないです。最終的には予定調和的に相思相愛になるわけなんですが、そうしたお約束があるところも、やはり外せないです。何より、一人称が自分の名前なのが良い。(ここ重要)

そして主人公も、なかなかにヤってくれます。最初は泣きゲーの琴美を嫁といい、セックスシーンは飛ばすとまで言っていた彼も、由希菜が陵辱ゲーを貸し与えたことによってSを開花させ、衝撃の7本バイブ刺し(オール電化)なんてヤってしまうようになってしまうのです。よくヤった。ノーベル賞をヤろうw
まぁ、おかっぱ眼鏡のキャラデザはさすがにアレでしたがw


今回は、かなりのドストライクでした。やはり巽さんは格が違う。スゴいよマヂで。
いやしかし……、

「だから、それがおかしいの! 琴美さんはおまえのことなんか全然好きじゃないんだから! 好きじゃないおもえに何万回抱かれようと、それはレイプなのよ!」

これはどーよとw それじゃこれ読んでアレに耽る輩はみんな由希菜をレイプしてるってことですか?
私が先日あんなのを書いたのも、レイプってことですか? 義妹レイプなんですか? ヤダ、ナニそれ興奮しちゃう(ヲイッ

(Fin)


   ──総 評──
キャラクター:★★★★★+
ストーリー:★★★★☆+
エロス:★★★★☆+
イラスト:★★★★★


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ

続きを読む

(美少女文庫えすかれ)生徒会長を脱がそう!

人生はギャンブル、かぁ……。
私は運が悪いのでそんな人生は送りたくないですな。

さた、私の人生などどーでも良いとしまして。
今回は前回が微妙だった(※1)羽沢向一の作品です。端的に感想を言ってしまうと、『前回よりは割りと良いけど、でもやっぱり好きとは言い難い』という感じですかね。
この作品の特徴として、学園全体がギャンブルを推奨しているという点。その影響か、勝負を挑んでエッチな写真を取らせたりなんてことが横行している学園。
そしてそこでは、『幸運の炎』なる特殊能力を持ってギャンブルにおいて無敗を誇る生徒会長・森沢想良とその実姉で教師の流奈がいるのですが、主人公・菅野千冬はその『幸運の炎』を打ち消す『ラックスマッシャー』を使い、彼女らとエロエロな展開を繰り広げていくことになります。

エロス方面での特徴は、(擬似含む)公開プレイが多いということでしょうか。想良との初エロスは(テントで視界を隠しているとはいえ)全校生徒に囲まれた状態でパイズル・フェラチオ、お次の流奈先生とは衝立を隔てただけの場所で本番、最終的には完全にオーディエンスに見られた状態でセクロスすることになります。よーするに、全てのエロスは音声のみに限れば、全部聞こえてるわけです。
この辺は、好き嫌いは分かれるところでしょうか? 私は意外に気になりませんでした。
ちなみに好きなシーンは、森沢姉妹がビキニ姿;バイブinでクラス中に見られる中絶頂させられたシーン。挿絵の効果も相まって、かなりエロかったです。
ってか、今回は挿絵がかなり良い。個人的に、神無月イラストでショートカットのヒロイン(想良)って結構珍しく見えました。たまにはいいかな。

あとこれはかなり個人的なことなんですが、作中で行なわれたギャンブルのほとんどが私には分からなかったので、ついていけなかったです。この作品を楽しみたい方は、ギャンブルの勉強をオススメしますw

(Fin)


(※1)前作『先生サマの飼育係』のこと。愛情のないエロスが多かったことに不満が残っていましたが、今回も主人公側がヒロインへの愛情を感じづらかったので、その点を考えればどっこいどっこいでしょうか。


  
   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆
ストーリー:★★☆☆+
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆+


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ
読み人知らず 
水響風

続きを読む

(二次元ドリーム文庫)ママンな恋人はいかがですか?

ママンな恋人はいかがですか? (二次元ドリーム文庫170)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-10-14

ママがヒロインだ……と……・?
それなんてリアルドリーム文庫(ヲイッ


さた、ママがヒロイン属性とか購入前から不安があった本作ですが、いざ蓋を開けてみればそんなに心配することはなかったようです。ただエロスの火力的には、前作前々作(※1)に比べて若干弱めな印象。というのも、今回はエロスよりストーリーに比重が寄っているからです。
ストーリーの大筋は、考古学である主人公の父が世界を飛び回っているうちにいきなり二人の婚約者を作ってしまい、重婚のできない日本において本妻を一人に絞るためにその決定権を主人公へ委ねる、というものです。
ヒロインは大学を飛び級で卒業した秀才金髪セクシー美女のリスティ・スタンフォート(20前後?)、侘び寂びや大和撫子を体現した和風令嬢の神楽麻耶 (主人公の一歳年下)、そして二人の登場からのちほど主人公の母=主人公の父の妻を志願した世話焼き幼馴染の樹陽向(同い年)の三人。これらが主人公の母と認めてもらえるように、エロスを交えたバトルを繰り広げるわけですが……。
とりあえず、誰も言ってなさそうなので、私が読者の皆さんの気持ちを代弁します。

このロリコン親父がっ!!!

ふぅ、スッキリした。だって主人公すら言わないんだもんよ。普通最初に思い浮かぶだろう常考……。

まぁそれはいいとしまして、続きをば。
察しはつくと思いますが、幼馴染のヒナタは別に母親になるつもりなんざなく、ただ単に主人公といたかっただけなわけでして、その他諸々の事情も重なって母親志願しただけにすぎません。最終的には主人公から「本当に好きな相手だから母親なんて呼びたくない」と告白されることになります。ある意味、この物語はこの二人が本当に結ばれるために用意された物語なのかもしれません。
一方、リサと麻耶は主人公の母親となりたい、という気持ち自体は嘘ではなかったようですが、結果的にはなんやかんやで彼とまぁヤっちゃってそれでエロスに味をしめちゃって、擬似的な近親相姦になっちゃうわけです。この時点の二人の心情は、既に『主人公の父の妻』=『主人公の母』という法的式は崩れ、単に主人公をエロスも込みで支えたいという気持ちが占めるようになります。
まぁエロくてなんぼなんで、この辺の心情はあんまり深く捉えないことにしています。そんなんでよく父親からの求婚にオッケーしたな、二人とも……。

んで肝のエロスですが、ストーリー優先の影響もあり数は少なめですが、前作前々作と同じくエロス単品でみればお~激しい( ^ω^) です。巨乳担当のリサ、貧乳担当の麻耶、ミドル担当(ヲイッ)のヒナタと、上手く分れているのも良し。(※2)でもやっぱり、フェティズム補正を考えれば前作や前々作がお~激しい( ^ω^) かったのも否めなせんね。
メイドスキーの(義)妹スキーでスンマセン。

(Fin)


  
   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★★☆☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆



ニ次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ


(※1)前作『デキる妹はイヤですか?』前々作『メイドなお姉さんはいかがですか?』のこと。フェティズム的な魅力としてはこちらのほうが強いかも。
(※2)とはいえ、イラストや挿絵を見る限りはリサよりやや小さい程度なので、ヒナタも巨乳と読んでいい大きさではありますが。

続きを読む

10月の新刊情報

さて、ジェットストリームが終わってすっかり美少女文庫も落ち着いた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
なんか気が抜けてしまってアレなんですが、今月は果たしてどうでしょうか?


サムライガールは俺の嫁!? (美少女文庫)
みかづき 紅月
フランス書院
発売日:2010-09-20

My姫 プリンセスの休日 (美少女文庫)
わかつきひかる
フランス書院
発売日:2010-10-20
生徒会長はエロゲー好き�E (美少女文庫えすかれ)
巽 飛呂彦
フランス書院
発売日:2010-10-20


なにこの強力な布陣。ボクチン死んじゃう。ちなみにボクチンというのは私の♂ナウいm(ry

今月は安全牌のラブコメなみかづき紅月さんわかつきひかるさん、お久しぶりで挑戦作な天野都さん、そしてまたえすかれで頭のネジが飛んでるらしい巽飛呂彦さんの4人です。今回女性人多いね。

みかづきさんは3作目となる俺嫁シリーズ『サムライガールは俺の嫁!?』サムライガールってアレですよね、刹那意識してますよね。でも彼女とは別人みたいです(まぁ当たり前ですが)。表紙の構図も1,2作目とは変えてあるようです。俺嫁シリーズはガチ恋愛ものとしての楽しみが強いシリーズなので、今回も期待できるかもです。でもそろそろ違うおはなしも読みたかったなぁ……。

わかつきさんは8作目となるMyシリーズ『My姫 プリンセスの休日』です。My姫だけでもこれで3作目ですね。しかもMyシリーズ連続です。今回は金髪碧眼王女様みたいですが、これこそまさに「プリンセス」って感じがして、かなりの期待が持てますね。(黒髪は黒髪で大好きですよ?)今回はエログッズ通販復活するでしょうか?w

天野都さんはどうやら男の娘ものらしい『お嬢様(わたし)のメイドは男の娘!』です。美少女文庫的にかなりの挑戦作になるんではないでしょうか? 絵的には♀×♀の百合テイストが出るでしょうから、これはかなり期待していところですw エロスな前作でのこともありますし、ご心配は無用でしょう。メイド服♂とお嬢様のマグワイ……ふふふっ(怖っ

巽さんは……えぇと? 『生徒会長はエロゲー好き』? ちょ、ちょっと待て。いつの間に俺の頭の中覗いたんですかっ!?(ヲイッ 表紙で出てる陵辱ゲーの数々は、あれっすよねパロディっすよね。しかも陵辱ゲー好きってとこに、Mの素質が見え隠れしてますな。こりゃまた良いエロスが見れそうです。ってかTOPページのフラッシュ画像、自重しなさいw


今月は全部買いたい気分……。まぁ問題は時間なんですけどね。
予定としては、わかつきさん・巽さんを第一陣、みかづきさん・天野さんを第二陣に考えてます。それでは皆さん、良いエロスを(マテッ

続きを読む

(ぷちぱら文庫)Temptation ~催淫の奈落~

エロゲーノベライズを多く手掛けるパラダイムから、新たな文庫が登場しました。
その名も「ぷちぱら文庫」。
その第一陣(ナンバリング的には2ですが)として刊行された作品を、今回は紹介します。

─────CAUTION!!─────


今回の表紙は非常にアレなので、続きを読むことで閲覧できるようにしました。レビューの続きを読みたい方を「続きを読む」をクリックしてください。


続きを読む

【便乗してみた】美少女文庫作家と私(山口陽編)

すっごい久しぶりですね。2ヶ月ぶり? 放置プレイもいいとこですよ。すみません。
さた、本家に倣えば今回は羽沢向一さんなんですが、羽沢さんは『生徒会長を脱がそう!』を読んでから書きたいので、飛ばします。では次は青橋由高さんですが、こりゃまた『トリプル押しかけメイド妻』を読んでからにしたいので、これも飛ばします。
なので、山口陽さんのターンというわけです。まぁ単に押し出されただけなんですがね……。


山口さんといえば、デビュー当時は「ヤマグチノボル」の別名義なんじゃねーの?(※1) という推測が流れてるのを思い出しました。今にして思えば(色んな意味で)全くありえないお話だったわけですが、ご本人はどう思ってたんでしょうか?
デビュー作となった『メイドインバトル!』はどう見ても『Fate』にくりそつな設定がちらほらと出ていましたが、これがヒットを飛ばしてこのあと2冊ほどシリーズが続くこととなりました。……なんですが、私は一作目しか読んでないんですな、これが。メイド好きなのに、不思議だよね(ヲイッ
そしてしばしの時が流れ、「美少女文庫えすかれ」が創刊されまして、そのトップバッターに上原りょうさんと選ばれ、脚光を浴びることとなります。そして山口さんのえすかれ道の快進撃は、ここから始まります。

個人的に山口さんは中堅クラスの実力だという認知なんですが、一般的にはブランド買いできるだけの安定株という評価のようです。まぁそれは私も認めるところです。
あと特徴としましては、孕ませですかね。美少女文庫初の孕ませはわかつきひかるさんの『My姫』だったはずですが(※2)今まではタブーとされていた孕ませがメジャー属性として昇格できたのは、山口さんの功績だと思っています。


さてマサヒト版ベスト3なんですが、私はこれらを挙げたいです。


お嬢様☆お世継ぎ生産計画 (えすかれ美少女文庫) お嬢様☆メイド化計画(美少女文庫) 縛って愛してお嬢様! (美少女文庫えすかれ)

第3位『お嬢様☆お世継ぎ生産計画』
えすかれデビュー作。「世継ぎ」→「子作り」なので中出しフェスティバルなのは当然ですが、意外にもそれ以外のプレイも充実。ヒロイン二人によるボテ腹ズリなんて、他の誰が考え付くだろうか……?

第2位『お嬢様☆メイド化計画』
絵師のYUKIRINさんの暴走(アヘ顔)は多くの読者に衝撃を与えましたが、それさえ除けば私の好みでした。中盤辺りの主人公へ縋るような亜佐美嬢が一番好きですが、……えっ? 俺って鬼畜?

第1位『縛って愛してお嬢様!』
最高傑作と言いたい(断言)。緊縛率100%の挿絵に加え、絶倫お嬢様とのまぐわいは読んでるこっちのほうが色々吸い取られそうな気分です。まぁでも一番良かったと思うのが、お嬢様口調のヒロインが隠語連発な点ですかね(ヲイッ


そんなこんなで、次回こそは羽沢向一さんで書いてみたいと思います。
……いや、青橋さんかもしれません。まぁ例によっていつになるか分かりませんが、お楽しみ……に?
(Fin)


(※1)今でこそ「ゼロの使い魔」で有名ですが、同シリーズが始まる以前には「山口昇一」という名義でジュブナイルポルノを2本ほど書いていたようです。(「ヤマグチノボル」名義でも一冊美少女文庫で書いていたようです。時期的には「ゼロの使い魔」1巻の直後でした)
(※2)ただしえすかれデビュー作になった「お嬢様☆お世継ぎ生産計画」は孕ませ3作目にあたり、2作目は巽飛呂彦さんの「生徒会長サマは放課後M!?」になります。

続きを読む

この絵師がスゴいっ!(ビビビッ!的な意味で)

最近レビューしかやってなかったんで、企画モノ(笑)をば。
今回はエロベでお気に入りな絵師さんor是非参戦して頂きたい絵師さんを紹介したいと思います。


今回は露骨にエロい画像が出ますので、ケツの青いガキ良い子のみんなは十分に注意していってねっ!



【この絵師がスゴいっ!】

お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手! (美少女文庫)

犬洞あん
『ボクのメイドは同級生』で一目惚れしました(ヲッ)。そして美少女文庫でも『お嬢様・錦織由梨菜は保健が苦手!』で参戦してくれました。ぜひレギュラーで今後も挿絵描いてほしいです。マヂで。
 

妹ChuChu (美少女文庫) 

有子瑶一
美少女文庫暦はそこそこ長いみたいですが、私が実際にイラストを見かけるようになったのは、この作品からです。実はこれ以前にも某ショップのノベルティーで見たことがあったんですが、すっかり忘れてました(ヲイッ


お嬢様メイドはヴァンパイア!? (美少女文庫)
  
ひなたもも
『お嬢様メイドはヴァンパイア!』からファンになりました。なので『妹はアンバランス』で再会できたときはもう濡れました。あっ、目が涙でですからねっ(ニマニマ)。この人もレギュラーになってくれないかなぁ……。


 My妹(マイマイ) (美少女文庫)

みやま零
言わずと知れた巨匠(えっ)。美少女文庫──ひいてはエロベのデビュー作となっただけあり、みやまさんへの思い入れは強いです。
一番好きだった挿絵は『Myメイド』123頁です(持っている人は確認してみよう!)
でも今のご時世じゃ絶対NGですよね。♂ナウいムスコ♂丸出しですし……。





【この絵師はスゴそうっ!】

すくフル。 (Xコミックス) 

望月奈々
『ゼロの使い魔』のコミカライズで有名ですが、過去にエロ本を2冊ほど発行してます。でも最近はエロ方面での活動は見られないから、多分今後はエロ関係は商業じゃやらない雰囲気がする……。 まぁ同人って道がありますが。


おしえて! 唯子先生 【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン! ! 

あらいぐま
紳士ゲーの原画が主なお仕事。一般向けはあんまりやってない模様で、特定のレーベルに所属はせずに色々な場所で様々な作品を手掛けていることが多いみたいです。ってか、この画像はさすがにヤバい……? まぁ別にいいか(ヲイッ)
 

車輪の国、向日葵の少女  初回版 

有葉
『AKABEiSOFT2』の原画家。主に紳士ゲーのイラストがお仕事。『車輪の国、向日葵の少女』や『G線上の魔王』は結構有名なようです。そういや、『車輪の国~』、今度Xbox360でコンシューマ化だそうで。


きゃん☆フェス!

雛祭桃子
主に紳士ゲーのイラストがお仕事。とあるラノベの挿絵も担当してますけど、知名度は如何ほどか……? 私はこの絵柄大好きですけどね。 ちなみに上のイラストは某紳士ゲーのパッケージなんですが、なんでタイトルもナニも入ってないの……?




さて、今年もあとわずかですが今後はどんな絵師さんに出会えるのか、楽しみです。
(乙)

続きを読む

(美少女文庫えすかれ)お姉ちゃんだって痴女になれるもん!

お姉ちゃんだって痴女になれるもん! (美少女文庫えすかれ)

舞耶姉さん、よく息切れしないね……。(隠語マシンガン的な意味で)


さた、これにて美少女文庫三ヶ月連続新人さんによるジェットストリームアタックが完成しました。私のマチルダさんという名の理性はコックピットごと破砕されてしまいました。どーしてくれる。
そしてそんな大トリを務めたこの作品は、ブラコン実姉が痴女化して弟を性的に食べちゃう、そんなお話です。
大きな特徴として、途切れない隠語の羅列です。私は隠語マシンガンと呼称していますが、サンプルシーンをご覧の方なら、それがお分かりだと思います。
ヒロインは、普段はお脳がお弱い天然実姉・神尾舞耶。そんな彼女は弟と結ばれるために取った手段とは、痴女化して迫ることだったんです!(まぁサブキャラによる入れ知恵なんですが)そして舞耶姉さんはエッチなスイッチが入ると、弟を弄ぶ痴女キャラへと変貌してしまうんです。ウン、とんでもなくエロい。エロさは、新人さんの中でもその追随は許していません。そして前述した隠語マシンガン。火力はそうとう高いです。ソーラレイ並にはあるかと。

ただ、ただ、ただ……なんです。今作は私とはベクトルが合わなかったんです。何ということだ!
理由は色々あるんですが、まず「Ⅳ:満員電車でギャル痴漢してあげる」でのギャルモードが私的にありえなかったこと。私はギャル語にネガティブなイメージしかないので、これでエクスタれって無理がある。
あとこれはそもそもの問題なので、舞耶姉さんのキャラ自体が私の好みじゃない、と。
私は妹キャラには相当甘いんですが、姉キャラにはかなり厳しいんです。基本的に、低スペックなのに偉ぶったり見得張ったりするキャラって私嫌いなんです。姉キャラはキリっとしたハイスペックウーマンじゃないとイヤです。もしくは前述した姉でもいいですが、その場合はバランスを考えて弟がしっかりとした頼りがいのあるナイスガイじゃないとイヤです。主人公の優登はしっかりしてますが、頼りがいがあるとはいえない……。
ちなみに私が好きな姉キャラといえば、上原りょうさんの「あねてぃ」のヒロイン・綾瀬先生でしょうか(結構古いな……)

※コスプレHもあるよっ!(宣伝乙)


というわけで、無事生まれました新人さんのお三方。今後も変わらず美少女文庫で頑張って頂きたいと思います。
えっ? この重い空気を何とかしろって? 知ったこっちゃないね(ヲイッ
(乙)


 
   ──総 評──
キャラクター:★★☆☆☆+
ストーリー:★★★☆☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★☆☆☆+


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ
読み人知らず 

続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR