(美少女文庫)シュラバババ!! 生徒会長VS幼なじみ

嘘だったんじゃないですか……。
○ンデレ的な修羅場なんて入ってませんよ?
(挨拶)


はいはい、Niceboat.
そんなこんなで、今年最後のレビューです。今回は、山口陽さんの『シュラバババッ!』でございます。
某電撃文庫でくりそつの作品名がありますが、まぁ野暮な突っ込みは控えます。内容まではパロってない……と思うんですけどね。だってくりそつの方は知らないですし。


さてさて、肝心の内容のほうなんですが、とにかく二人のヒロインによるエッチな争奪戦がメインとなっているためか、ストーリーよりエロス優先の作品になっています。
というより、ストーリーなどあって無きがごとし。この辺は人によって好き嫌い分かれるかもしれませんが、今までの山口さんから考えてみると珍しいなという印象を受けます。

ヒロインは、傲岸不遜の役立たずのドM生徒会長・猿渡清香(さるわたり きよか)主人公の幼馴染で真面目の副生徒会長・犬塚綾芽(いぬづか あやめ)。前者は今回のおっぱい担当でもあります。
清香は主人公に引っ叩かれてから彼にベタ惚れとなり、エロス込みで従順なキャラです。対する綾芽は主人公へ好意的であったものの、恥かしがり屋で真面目なキャラ。基本は清香が迫り、綾芽が食いつくといった構図です。個人的には、綾芽が好きだったかな?
その他、生徒会関係者で3人ほど名前付きのキャラが出てきますが、ほとんど物語に絡まないので省略します。てか、別に設定する必要なくね?

エロシーン的には、その全てが3Pとなっていまして、清香と綾芽が言い争いながらエッチな誘惑をしてくる感じとなります。
お気に入りだったのは、ブルマ・スク水のコスプレエッチですかね。正隆の豹変ぶりも無理ないです。俺だって好きやもん。でも「ヒィーハァー!」はどうやろ。まぁいいですがw
そしてラストは、もはやお約束の孕ませエンド。またかい……と、少々食傷気味に感じる今日この頃です。でも有末つかささんの腹ボテイラストを見れたので、まぁ良しとします。


全体的な評価としましては、前作があまりにも個人的にヒットしすぎてしまって、今回は弱く感じてしまったという印象です。
それに終盤まで読んでみると、数年前に同じく生徒会ネタで刊行されていた某作品とほぼ被りなことに気づきまして。これ、えぇのんか? まぁ、いいんでしょうね。


……というわけで、2010年も更新はこれにて終了でございます。
年明け最初は、恐らく「2010年を振り返って」なんてエントリーになると思います。
それでは来年も、よろしくお願いします。
 (Fin)


 
   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★☆☆☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★☆☆+


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ
読み人知らず。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

(美少女文庫えすかれ)妹☆ぼてちゅ

妹☆ぼてちゅ (美少女文庫えすかれ)
上原 りょう
フランス書院
発売日:2010-12-18



この実妹がエロくないわけがない(挨拶)


はい、向こうのブログで悲報をお届けしたワタクシですが、あんなことじゃ萎えるような柔なリビドーじゃございません。つうわけで、年の瀬の今日も元気にレビューします。主に下半身的な意味で。

さて、今回は実妹+孕ませという、ついに妹モノ最終形態がご登場です。
以前2次元ドリーム文庫の
『デキる妹はイヤですか?』を紹介したときも似たようなことを言いましたが、あちらは義妹でしたからね。今回は実妹ですよ、奥さん(エッ)。
もうね、これでボルテージ上がんやつは不能といわざるとえない(マテッ)。


ヒロインは、観月凛緒(みづき りお)オンリー。何度も言ってますが、実妹です。実妹なんです。(大事なことなので2度言いました)
兄にも常に丁寧口調で真面目な、よく出来た妹さんです。主人公である兄・辰吾(しんご)がシスコンでぐーたら系な野郎なので、その凛緒の出来た妹っぷりはより引き立って見えますね。
外見上は世話の焼ける兄に付き合っているという体ではあるものの、幼い頃から自分を支えて構ってくれた兄に対してはゾッコンでして、それが会話の端々やエロスの絶頂時に本音がポロッと出てしまうことが多々あったり。ウン、可愛い。

その他キャラとしては、辰吾の悪友である真鍋勝人生徒会長で島の宮司の娘である月珠素乃(イラスト付!)がいます。
勝人は典型的なエロアホですが、物語の端々で男らしさを発揮して、辰吾や凛緒を助けてくれるナイスガイです。終盤、本島から島へ戻ってこれなくなった辰吾を船で迎えに来てくれたシーンとか、もう漢としか言えない。惚れるわー////
対して素乃は、台詞に「……」を多用してミステリアスな雰囲気を醸し出すトリックスター的なキャラです。真面目な凛緒をからかったり、神通力でインビジブル状態になった辰吾を認識できる素振りがあったりなど、ホントいい味出してますw


んで、エロシーンなわけですが、もう堪らんよコレ。
大半は辰吾の神通力が主力になるんですが、それで普通には体験できないシチュエーションを起こしたりします。

・幼い頃の素直な凛緒(見た目は今の凛緒と同じ)を作り出して3P
・辰吾自身が透明化して、凛緒の友人の前で……
・プールにて水を触手化させてプレイ
・凛緒を乳牛化させてコスプレプレイ(他の人にはモノホンの牛にしか見えない)

なんという素晴らしいシチュエーションの数々……。上原さんはとんでもないものを盗んでいきました。私の理性です(コラッ)
気に入ったのは、擬似3Pですかね。ニセモノのほうはリッちゃん隊員と呼ばれて区別され、凛緒が真面目にテニス部の練習に精を出している横でイチャイチャとか、クラブハウス内の医務室でエロエロとか……。ついに堪りかねた凛緒は「私の兄さんを取らないでっ!」と乱入してくる下りは、もう全俺が萌え死んだ。可愛すぐる。
次点では乳牛プレイですかね。コスプレで青姦っすよ? これで気に入らないとか、ナイやろ。(※その嗜好自体がナイ)俺、農家に生まれたかったよ。


そんなわけで、今年最後に大物出現となりました。もう2010年度最大の妹モノということで宜しいのではないでしょうか?
改めて上原さんのスゴさを確認した作品でした。来年もよろしくお願いします。
(Fin)


 
   ──総 評──
キャラクター:★★★★★
ストーリー:★★★★☆+
エロス:★★★★★+
イラスト:★★★★★


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ

続きを読む

(ニ次元ドリーム文庫)妹はグラビアアイドル!2

妹はグラビアアイドル! 2 (二次元ドリーム文庫 176)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-12-17


まさかの続編きたコレ(2回目)


さて、1年ほど前に発売されました「妹はグラビアアイドル!」の続編であります。シリーズものではなく、直接の続編というのがミソ。前作は2次ドリ文庫への評価へ繋がった作品でもあり、私としても思い入れの深い作品でした。


そして今回なのですが、良いか悪いかでいえば「良い」作品です。
天然甘え系の梨奈小悪魔積極系の咲希は相変わらず可愛いし、マネージャーの真琴さんは相変わらずいい大人っぷりを見せてくれます。
エロシーンも梨奈や咲希の単独シーンや3Pがよい具合に入っていて、片一方が除け者にされているような印象がないので、主人公の弘樹が言う「二人を愛する」気持ちにブレを感じないのも良い。意外とフェラが多いのに驚きました。いいぞもっとヤれ、私カテゴリーFなんでw でも一番良かったのはハメ撮りのトコロかな。
そして挿絵のくく維きゃんさんは相変わらず良いクオリティーですね。おっぱいが映える映える。もうね、溜まりませんばい。あと珍しいと思ったのは、195頁の挿絵。驚愕の展開にSDキャラ化してしまった弘樹や梨奈たちが可愛いのです。一見の価値アリ。
文章や描写、展開が安定しているのも、相変わらずですね。作中での芸能界ならではのイベントも、物語にアクセントを加えるのにはいい味を出してくれたと思います。続編だからといって変にダレていないのは、いい感じだと思います。


ただ気がかりだったのは、新キャラである桐野灯里でしょうか。
序盤から色々と不審な人物でしたが、結果的には彼女は弘樹へ惚れていてそのため、彼と接近するため色々と接触を図ってきたということらしいです。
でも、それらしいエピソードもなくいきなりパッと出てこられたのでは、「いきなり何? 横恋慕?」と思ってしまっても仕方ないとは思うんですよ。例えば大学で彼女と弘樹が談笑するシーンなり、親しげにノートを貸し借りするシーンなり、灯里が彼へそれとない好意を示すシーンがあれば良かったんです、いかんせん突然すぎる。
灯里は弘樹を「鈍感」と言ってましたが、スマンけどほとんど情報のない中で察しろってのは無茶ですぜ灯里さん。
加えて、エロシーンの数も少ないし、最後の締めも未練を断ち切るためのセックスとか、切ない感じの濡れ場になってしまっているのがマイナス。私が2次ドリ文庫や美少女文庫に求めているエロスとは性質が違うと思うんで、この点は評価しません。
そしてエピローグにも出てこないし、……もうはっきり言っちゃえばこの娘いらなくね? って感じです。これが仮にエロシーンもなしで完全なるお騒がせキャラならば、また評価は変わってたと思いますけどね……。


総論として、「続編は難しい」ってことですね。ウン、勉強になる。
「3」は……出るのかな? 新キャラ出ないんなら購入考えますよ。まぁ結局はなんだかんだ言っても買うでしょうが。だって梨奈可愛いしw
( ゚∀゚)o彡゚ おっぱい!おっぱい!

(Fin)


  
   ──総 評──
キャラクター:★★★★☆
ストーリー:★★★☆☆+
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆


ニ次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ
読み人知らず

続きを読む

(ニ次元ドリーム文庫)プリボテ お姫さまデキ婚計画

プリボテ お姫さまデキ婚計画 (二次元ドリーム文庫 172)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-12-01


( ゚∀゚)o彡゚ パンスト! パンスト!


はてさて、今回は二次ドリ文庫の『プリボテ』でございます。
本来ならば千夜詠さんや神楽陽子さんたちの新刊と同じ時期に出る予定だったようですが、諸々あったらしくて一冊だけ遅れての発行となったようです。
しかしそうなっただけのクオリティーは十分だったと、私は太鼓判を押しましょう。これは良いモノだっ!


ストーリー的には、いつもの筆祭さんらしく日常描写の充実さが光っていた印象です。
類似作品の『ツンボテ』を彷彿とさせるクラスメイトたちとの絡みや、セシルの両親との会話やシスター・アイラの説得シーンやら、普通の物語としてもクオリティーは十分です。特にシスター・アイラのシーンは必見。何やらとてもいい話になっています。

そしてエロス的には、今年で一番の充実ぶりではなかったかとっ!
正直『ツンボテ』を読んだときはあまりこっち方面での訴求は期待できない作家さんなのか、と不遜なことを考えていた時期が私にはありました。ごめんなさい、そりゃ嘘だ。コレはエロい。
孕ませが最終目的ではありつつも、犬耳+首輪のワンワンプレイとかボンテージスーツでも擬似女王様プレイとかフェラパイズリと盛りだくさん。この充実ぶり、もう頭が下がる思いです。素晴らしいよっ! とくにワンワンプレイがっ!! (∪^ω^)わんわんお! (∪^ω^)わんわんお!



ふぅ……。なかなか良いモノでございました。そしてエロベwiki情報では、何やら「エロデレ2」なる表記が……?
来年も筆祭さんから目が離せそうにないですね。
(Fin)


     ──総 評──
キャラクター:★★★★☆+
ストーリー:★★★★☆+
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★☆☆+


ニ次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ

(ぷちぱら文庫)Temptation2



まさかの続編ノベライズキタこれ。


さた、今作は以前紹介した『Temptation ~催淫の奈落~』の第二シリーズのノベライズ作品です。
カウンセラーである主人公・阿形誠が、事故の後遺症で精神に傷を負った少女・楠宮沙耶香(くすみや さやか)を自身の催眠療法で治療していくうちに、無防備な彼女の姿に劣情を抱き、コトへ至ってしまうというお話です。
原作ゲームはシミュレーションとなっていますが、それなりのストーリーもあります。とはいえ本来はブツギリにされていたエピソードを辻褄を合わせて繋ぎ合わせている手法は、前作と同様です。原作ゲームでもバッドエンドが悪夢という形で挿入されているのはこれまた前作と同じですが、今回は主人公の誠が見る側になっています。

んで、読んでみますと誠が徐々に壊れていくのが分かって結構新鮮でした。原作プレイ経験のある私ですが、裏技使って愉しんだあとは放置していたので詳しいストーリーは知らんのです(ヲイッ
前作の主人公とは違い、あくまで「沙耶香の治療」が根底にあることは間違いないんですが、催眠で無防備になってしまった彼女に劣情を抱き、言いなりなのを良い事に卑猥をことをしてエロスを教え込んでいく所業はどう斜め読みしても下衆野郎にしか見えないわけです。(ヒデェ
まぁそんな下衆野郎が施す治療(という名目の調教)を見てエキサイとしてる私も十分下衆なわけですがw ちなみにお気に入りのシーンは緊縛+ローター責めのエピソード。原作ゲームでもこのシーンは大分お世話になりました(ヲイッ

ただ単体の作品としては、前作であったオリジナルエピソードのようなものもなく、沙耶香側からの視点もないので悪い言い方をしてしまうと「単なるノベライズ作品」という評価になってしまう感じです。
あとまたゲームのCGをまんま流用してるとか、ジャギってるとか、シーンがブチブチになってて読みづらいとかありますが、これはもうゲームノベライズの宿命と諦めたほうが良さそうですね。
ただまぁ、ちなみに原作ではシリーズ中一番気に入ってた作品ですし、完全にお互いが良識的に結ばれるエンディングで締めくくられていることもありますし、何より沙耶香がキャラ的にもヴィジュアル的にも可愛いので、結局はまぁまぁ良かった作品だったと思います。


さて、2作目もノベライズしてということは、次回作もするつもりなんですかね。でもNakedはガチ陵辱だし、本気でやるのかなぁ……。でも「姦禁少女」のノベライズもしたくらいだから、やるんでしょうね多分。
うーん、次は「あいすの!」を買ってみましょうかね。原作持ってないゲームのノベライズ作品。果たしてどんな感じなのか、気になります。

(Fin)


   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★☆☆☆+
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★☆☆☆+


ぷちぱら文庫公式サイト
美少女文庫レビューブログ
水響風


※続きに表紙があります。

続きを読む

(美少女文庫)私立お嫁さま学園

私立お嫁さま学園 (美少女文庫)
河里 一伸
フランス書院
発売日:2010-11-19


学生に戻れたら、残業とか休日出勤しなくて済みますか?(愚痴)
お前のリアル事情なんてどーでもいいわっ、ということでやっとこさレビューです。


さて、今回は主人公・相馬裕哉のためだけに嫁候補300人が揃えられたという、バカスな設定の宝稜館学園にてハーレムです。つまるところ、そこには女子生徒しかおらず、その全ては主人公の嫁候補というびっくりするほどユートピアな天国だったしります。
しかしながら、この学園の存在自体ははっきり言って死に設定です。それらしいイベントが序盤の浴場乱入イベントや終盤の運動会イベントくらいしかなく、それ以外のシーンでは姿形台詞もないという状況。なんのためのユートピアなんだと小一時間(ry
まぁ、私は最初っからそんな設定は調理しきれないだろうと思ってたので、さして気にしませんでしたが。

それよりも、大事なのはヒロインです。今回は4人。
竹刀持ちのボーイッシュ敏感ボディな松生陽美、元令嬢のおっぱいマゾな豊垣寿里、ツンツンデレデレ妹系幼馴染な高崎心愛、腹黒猫被りな戸城三菜子です。
ここでシスコンの私としては心愛を推さざるを得ない。序盤のツンツンっぷりが嘘だったかのように、後半から怒涛のデレデレ攻勢。特に裸エプロンのシーンで一番最初にナチュラルに迫ったのは彼女です。『お兄ちゃん、心愛のおっぱい揉んでいいよぉ』なんて言われたら、断れないやん。心愛かわいいよ心愛。
ですが、おっぱいマゾの寿里も捨てがたいですし、敏感ボディでよく喘ぐ陽美も捨てがたい。あぁどうしよう(ヲイッ
順位的には、心愛>>寿里≧陽美>>三菜子ですかね。三菜子さん……w


「ツンマゾ!!!!」「妹ぺろぺろ」などといった濃ゆい面子の中では若干大人しめな印象ですが、以上4人のヒロインにピンと来ましたら、ぜひどうぞ。

(Fin)


 
   ──総 評──
キャラクター:★★★☆☆+
ストーリー:★★☆☆☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫レビューブログ
河里一伸ぐうたらブログ(筆者本人の記事)



ちなみに、余談なんですが……。

続きを読む

【便乗してみた】美少女文庫作家と私(青橋由高編)

ホイホイ、またまた誰特企画がきましたよ。
今回は青橋由高さんでお送りしたいと思います。ごめんね、遅れててw


さた、青橋さんは私の中でわかつきさんに次いで印象深い作家さんであったりします。
持ってる作品も2番目に多いですし、わかつきさんの作品が自分の中で定着するまでは、実質この方の作品が『美少女文庫のスタンダード』という位置づけになっていました。まぁそれは今でもあまり変わりませんがw
あと、ブログがほぼ毎日更新されていたり、同人誌を精力的に出していたり、作品間のクロスオーバーが多かったりと、読者サービスが旺盛なのも特徴でしょうか。美少女文庫といわず、なかなか作家さんで毎日ブログ更新してる方っていないですよね? そういうとこ、尊敬してます。

作品的には、姉系や残念ハイスペック系が多いといったところでしょうか? 
作者自身が残念な方だからそういうキャラが多いんでしょうね分かります私ナニも言ってないですよ? ホントですよ?
あとは、キャラ同士の掛け合いが面白かったり。キャラ同士が会話している一冊だけでも、私は買って悔いがないと思ったりしますので。
それからこれはどこで言ってたのか忘れましたが、半脱ぎが正義とか言ってました。奇遇ですな、私もです。ってか、全裸じゃもう×たないんですわ、コレが(マテッ


さて今回は特別にマサヒト版ベスト4にしてみました。挙げた作品はこれらです。


恋姫―彼女はヴァンパイア! (美少女文庫) 生徒会長は妄想系 (美少女文庫) トリプル押しかけ許嫁 (美少女文庫) 好き好き大好きお姉ちゃん―ベタ甘☆カフェ同棲 (美少女文庫)


第4位『恋姫~彼女はバンパイア!~』
貧乳黒髪と、金髪巨乳の2形態を併せ持つ真鈴の存在が特徴。日光に弱いという吸血鬼の設定に加え、そのためか家で深夜アニメとかばかり見てるというダメっ娘属性まで付与されることに。主人公・優志との掛け合いはなかなか面白いです。あと作者のお気に入りのためか、同人誌のヒロインにもなっています。

第3位『生徒会長は妄想系』
数居る残念系ヒロインの一番のお気に入り。それでいてエロいので、文句もなし。ただ愛が重すぎるのが珠に瑕ですが、まぁそれも最近は気にならなくなってきました。意外にエロス時の服装に幅があるのも○。天河さんの挿絵との相性もいい感じです。

第2位『トリプル押しかけ許婚』
現在まで中毒者を出している毒舌ヒロイン・くららのデビュー作。その後同人誌だったら続編にもそれなりに顔出ししたり、かなりの人気っぷりを誇っております。かく言う私もその毒舌にヤられた口です。毒消し草? いらねぇよ、そんなモンw

第1位『好き好き大好きお姉ちゃん』
ダダ甘系お姉ちゃんの筆頭。弟・るぅくんへの愛も重くはありますが、妙に可愛く見えるから許す。個人的に斗和子姉さんも好きですが、あかりちゃんも好きだったりします。思えば、女装主人公は彼から始まったような……。斗和子姉さんも確か同人誌進出してたような気がします。


さた、次は河里一伸さんのターンです。果たして年内に記事にできるでしょうか……?
いや、無理だな(キリッ

続きを読む

ジュブナイルポルノ、12月の新刊

やっとだ、やっと時間ができました。連日連夜残業とか、どういうことなの……?
そして気づいたらもう12月ですよ。あと一ヶ月で今年終わりますよ。このままじゃ多忙なまま年末に入っちゃいますよ。入っちゃいますよ。挿入っちゃいますよハイハイ忙しすぎて理性のブレーキが壊れてるんだね仕方ないね。


さ、つまんないボケはこの辺にしておいて、12月の新刊ですよ。つまるところ、今年のシメです。
今回のラインナップは、こげんな感じになったようです。
まずは美少女文庫から。




妹☆ぼてちゅ (美少女文庫えすかれ)
上原 りょう
フランス書院
発売日:2010-12-18


今月は3冊のみのようです。
某電撃なタイトルにクリソツな山口さんの新刊は、どうやら修羅場がメインのようです。……修羅場って、ス○イズの『中に誰もいませんよ?』的なアレですよね? なにそれこわい(恐怖的な意味で)。ヴィジュアル的には大いに好みですが、これは様子見ですかね。

遠野さんは再びみさくらさんとのタッグのようです。今度は残念ご令嬢みたいですが、……この人のことだ。オムツは出るんでしょうな、多分。でも前作がそこそこイケたこともあって、そこまでは警戒してませんが、まぁとりあえず様子見で。

そして今回の狙い目。上原さんは妹+孕ませだ……と……? なにそれこわい(自分の嗜好にジャストフィット的な意味で)。しかも神無月さんの挿絵とあっちゃ、回避するのも無理ってもんでしょう。とりあえず今月は、これ一本のみ確定ってことで。

期待度は、上原>山口≧遠野 って感じですかね?


お次はニ次元ドリーム文庫をば。

ハーレムミストレス (二次元ドリーム文庫 174)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-12-14



妹はグラビアアイドル! 2 (二次元ドリーム文庫 176)
あらおし悠
キルタイムコミュニケーション
発売日:2010-12-14


なんと、3冊中2冊ともハーレムシリーズのようです。アレ、こないだもハーレムシリーズ出てなかったっけ? 筆の速い方のようです。ガイドブックが出たということもあってか、レーベル全体がハーレムシリーズで沸いてるという感じでしょうか?

んで、まさかの続編。梨奈たちが帰ってきたようです。マヂですかっ!? さりげなく表紙に真琴さんも参加し、なかなかに期待を煽ってくれます。心なしか、表紙に映っている彼女たちが大人っぽくなっているような……。これはお買い上げ決定ですね。ありがとうございます。



んで、こんなものちょっとご紹介しときます。

Temptation 2 (ぷちぱら文庫 7)
春風栞
パラダイム
発売日:2010-12-04


以前このブログでも紹介した「Temptation」のノベライズが、ぷちぱら文庫からまた出たようです。確かに私は2作目もノベライズしてほしいとぼやきましたが、本当になっちゃったようです。原作では2作目が一番好きなので、これは嬉しいニュース。買います。



で、更にご紹介。
みかづき紅月さんが、ティアラ文庫へ進出されたそうです。

ホテル王のシンデレラ (ティアラ文庫)
みかづき 紅月
フランス書院
発売日:2010-12-06


美少女文庫ファミリーで、七海ユウリさんとわかつきひかるさんに続き、これで3人目です。果たしてみかづきさんは、アウトロー(失礼)でどのような戦果を上げられるでしょうか? ……戦禍にならないといいけどね(ボソッ 表紙のロマンスグレーはCV:大塚明夫でおkっすよね?w


めっきり寒くなってきた今日この頃ですが、これだけ揃ってりゃ寒くなる暇もなさそうですね。エロス的な意味でw

続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR