行く年来る年

さて、今年もあとわずかでございます。
今年は年末にブログを消されるというまさかの暴挙に見舞われましたが、こうして無事に続けられています。さすがFC2様やでぇ……。

んで、過去の記事ですが、これは時間を見つけてちょこちょことこちらへ移していこうかと考えております。と言っても、年始とかは無理ですね。長い期間をかけてのことになるかと思います。
そして全部の記事を……とい言いたいところですが、あくまでレビューのみに絞って、それ以外の記事はこの際に捨てていくことにします。でも最萌選手権くらいは復活させたほうがいいのかな……? ご意見、お聞かせください。
そして今、まだ読んでない作品が数冊あります。来年の二次ドリ文庫やら美少女文庫も気になるものが大量に……。追いつかれないかなぁ……。

そんなこんなで、今年最後の更新でした。それでは皆さん、来年もジュブナイルポルノをよろしくお願いします。
まったく、ジュブナイルポルノは最高だぜっ!
スポンサーサイト
[PR]

捨てメイド拾いました (美少女文庫)

捨てメイド拾いました (美少女文庫)
みかづき 紅月
フランス書院
発売日:2011-12-20

なかなかの良作でしたね!

前半はとにかく、未衣のいじらしい可愛さと無防備さに主人公・伸吾と一緒にドキドキさせられ、もうメイドを拾おうと近所の空き地へ思わず出かけたくなるほどでしたw というか「ご主人にーさま」などと呼ばれて悶絶しない男がいたら、それは異常と見なす他ないでしょう常考(え)。 特に3章での正月デートのシーンなんて、もうニヤニヤが止まりませんでしたw
そんな中、後半からはそんな2人の甘い生活へ忍び寄る不穏な影に、主人公が懊悩し決断する流れは、若さゆえの至らなさやら青さやらを感じないこともなかったですが、応援してやりたい気持ちになりましたね。だから終盤で未衣を探し出して再会できたシーンは、ありきたりだと思いつつも安堵しました。
個人的には前半の甘さをずっと維持してもらえたらと思いましたが、物語の起伏とか最後の締めなどを考えれば、まぁこういう流れになるのは頷けるかなという印象です。後半、未衣が伸吾のもとを離れて珠乃の屋敷で暮らすようになる時期がありましたが、そこで彼女がしていたことが「珠乃に伸吾と自分の関係を認めてもらう」努力だったことが分かり、偶然や運命に任せることなく、自分自身で道を拓いた彼女の強さに賞賛を贈りたい気持ちになりました。

そして未衣自身の可愛さも当然ながら、彼女を慕う珠乃のキャラも意外に良かったですね。初対面での印象は高飛車で威圧的な最悪な小娘でしたが、後々彼女が未衣や伸吾の親友から話を聞いて態度を軟化させた辺りからいい按配なキャラに落ち着いてきましたかね。小学生で社長だとか何だとか、突付けば色々出そうな気がしなくもないですが、まぁ無粋なことをしないでおきます。エピローグで伸吾と子どもの喧嘩をするところなんかは、すごく和みました。

エロス的にはおとなしめといったところでしょうか。せっかくメイド属性のヒロインで、未衣曰く「飼われている」立場なのですから、もうちょいソチラよりのエロスがあっても良かった気がしなくもないですかね。まぁこれでも十分良かったですが。

イラストは美少女文庫には約5年ぶりの登場となったみけおうさん。相変わらずキレイなイラストでしたね。カラーイラストの裏側にあって裸エプロンなんてまさに珠玉の一品でした! 今後もまた描いてほしいですね、数年後といわず。


ストーリー:★★★☆☆+
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★☆☆☆+
イラスト:★★★★☆+


美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ

まぁとりあえず

色々マンドくさいことになったので、簡単に。
JU○EMから「貴方みたいな品のない記事を書いてる変×ブログは凍結しました。ねぇねぇ今どんな気持ち? どんな気持ち?」と勧告されて怒りが有頂天になったワタクシは、アソコと縁を切ることにしました。そしてここ、FC2を新しいジュブナイルポルノ専属ブログとして再スタートすることを決意した次第です。ここではキチンとアダルトで登録したので、文句を言われることはないでしょう。俺を糾弾する権利は無いのだよ!

ちなみに元のブログは「凍結」扱いされており、管理者ページまでは入れました。なので記事のサルベージは(一応)可能です。
エクスポートしてここにインポートすりゃいいじゃん俺頭いくね? とかほざいた罰が当たったのか、FC2のインポートと向こうのエクスポートが合いませんでした。なので、記事を再現する場合には一々HTMLをコピペし直さねばならず、コメントとトラックバックは再現不可能となったわけです。コレはひどい。
……ということで、過去の記事は時間を見てちびちびコピペ作業していくことにします。そんな感じで。


でわ、今後とも紳士なフミツキマサヒトをヨロシクお願いします。

発情し~ずん (ぷちぱら文庫)

発情し~ずん (ぷちぱら文庫 33)
発情し~ずん (ぷちぱら文庫 33)
夜空野ねこ
パラダイム
発売日:2011-11-25

留学生のユリィは、おつきのメイドまでいるお嬢様。夜の公園で、そんなユリィの謎の行動を目にした才斗は、彼女の秘密を知ってしまった。耳としっぽを生やしたユリィに強引に迫られ、初体験で中出しまでしてしまった才斗。人狼族の掟で、そのまま「つがい」になったふたりは、発情期のユリィのペースに合わせて、学園内のいたるところで、子作りエッチを始めることに……。

原作はアトリアかぐやのゲームです。当時買おうかどうか迷いつつ、ちょいと値段がお高かったのでスルーした思い出があります。なので結構興味があった一冊なんですが、まぁ“それなりに良かった一冊”でしたかね。

ヒロインのユリィが発情期になった人狼という設定なだけあり、時間や場所を問わずにエロく悶えてしまってそれをつがいである主人公の才人が鎮めるという名目でセックスしまくるので、本文の大半はエロシーンだらけでお腹いっぱいです。しかし2人はお互いに相思相愛なので終始ラブラブな雰囲気で、更にユリィお付きのメイド・クーがマニアックな嗜好の持ち主なので、色々なシチュエーションが取り揃えられてなかなか良かったです。特に気に入ったのは、スク水装備でのシーン。ただ尺が短かったのが無念です……。
あとクーがキャラ的に良い味出してましたね。毒舌のキレはなかなかのものでしたが、エピローグで彼女のエロシーンが始まるとその毒舌がしどろもどろになっていき、ついには自分が単なる耳年増で主人公に惚れていたと告白。もうご馳走様でしたとか言えませんね。やっぱりメイドは最高だぜ! ……い、いやっ。もちろんユリィも良かったですよ?

残念だと思ったのが、締めがクーのエロシーンで終わったこと。普通メインヒロインが締めるもんじゃね? そうじゃなければハーレムシーンを挿入するとか。そこだけは残念でなりませんでした。

ちなみにあとがきで、作中で描写されたエロシーンで原作の全てを網羅していたとあるので、これを読んで気に入った方は原作購入も検討してみてはどうでしょうか?
私はもう楽しんでのでいいですが(オイ


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★☆☆+



ぷちぱら文庫公式サイト
美少女文庫レビューブログ

12月のJP新刊情報

【12/11追記】美少女文庫3冊にあらすじ追加

さぁみなさん。ついに今年も残すところあと一ヶ月を切りました!
みなさんはナニかヤリ残したことはございませんか? 新刊買い逃したとか積んだままとかありませんか? まぁ私はしょっちゅうなんだがなっ!(オイ
というわけで、年内最後の新刊情報イってみよぅ。

捨てメイド拾いました (美少女文庫)
みかづき 紅月
フランス書院
発売日:2011-12-20

ある日、段ボール箱に捨てられたメイドさん(子猫付き)を拾ったら!……純粋無垢な没落お嬢様の未衣(中3)と夢のラブラブ生活!Eカップの巨乳にイタズラ☆フェラ奉仕&初体験☆飼い主として調教も忘れず☆こんな暮らしが続けばいいのに……頑張るご主人様と健気メイドのあったか恋物語。



お姉ちゃんのこともいっぱい食べて☆エプロン姿で甘える義姉は、学校ではみんなの憧れ、茉莉先生!料理を教える代わりに夢のレッスンH!?初体験は処女から騎乗位☆今度はイキ顔じっくり正常位☆お尻を叩いて、イジワルして、何度もイカせて……料理は×でもお姉さんは最高の恋人先生!



「どうか私たちを孕ませてください」土下座で種付け希望するのはハル姫&美女軍団!人口減に悩む王国を救うため──巨乳メイドたちのご奉仕で☆美脚騎士団との4Pで☆ロリ体型の女王とMな姫の豪華〈伯母姪丼〉で☆次々と種付けされちゃう美女&処女。全員孕ませて、めざせ、島の救世主!


ハーレムレジスタンス2 (二次元ドリーム文庫 208)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション
発売日:2011-12-14

少年王エルフィンは、恋人である女将軍らとの愛を深めながら、西方地域の統治に乗りだす。そんな彼の前に新たな美女が現れて…!?



姉ちゃんをタダで助けるのはもうやめ! 報酬はその身体で!! 姉である桜花の完璧キャラのイメージ作りに協力してきた弟・徹の下克上。家庭教師の報酬として、ムチムチの乳房も太腿も弄りたい放題! いつもはクールキャラの姉が快感欲しさで乱れる姿に大興奮!


男子寮で相部屋になった歩への想いが止まらない! BL展開覚悟で告白したところ、答えはさらに斜め上、「オレ、実は女なの」ってそれホント!? 女だとばれそうになるイベントもお約束! 男の格好してたって、心と身体が女の子な歩は可愛すぎるっ!



美少女文庫は今月も3冊のようです。
さてまず目につくのがみかづきさんの新刊。こんな表紙ならポチらずにいられまい。そうだろ諸君!(オイ)ってか美少女文庫に久々ご登場のみけおうさんで、しかもメイドだ……と……? ご飯が進むじゃねーかっ! 買ったぜ!
続いてわかつきさん。なんとお姉ちゃんが弟を料理してくれるおはなしですって! きっと性的な意味ですよねwktk。ヤベェ俺のフランクフルトg(自主規制)……いやぁ買いですな。
そしてオオトリは葉原さん。頼まれたから×らませた……か。ウン、まぁ土下座までされたんじゃ仕方ない。まぁ私は土下座してでも買いたいですがw
ちなみにですが、あらすじがあぁなのは情報がどこにも落ちてなかったからです。密林仕事しろし(オイ

二次ドリ文庫は、大人気ハーレムシリーズとその他2本(おい)の発行のようで。
……うーん、今回はあんま食指が動かないなぁ。強いて言えば舞麗辞さんのが興味あるくらい。前作の義妹はなかなか良かったので、あんなゆっくりとした作品なら期待してもいいかもです。

そんなわけで、今月もヨロシクお願いします!

続きを読む

マゾらぶ! 幼なじみは性奴隷(二次元ドリーム文庫)

マゾらぶ! 幼なじみは性奴隷 (二次元ドリーム文庫 206)
上田ながの
キルタイムコミュニケーション
発売日:2011-11-30

強気なお嬢様とクールなメイド──ふたりの幼馴染は隠れマゾ!? そんな彼女たちを、とある理由で調教することになった少年は……?


挿絵やエロシーンの描写自体は文句ないクオリティーなのですが、少々キャラクターバランスが気になりましたかね。
当初、私は表紙に映ってる姫子をじっくりねっとりドレイ調教していくものだと思っていたんですが、香凛で練習(ひどい言い方だ……)を積んだその翌日に一回エロイベントが発生しただけで陥落。その後彼女の婚約者であり実は女だった麗を口封じ(という表現でもいいと思う)のために一回調教して陥落。こんな具合で各ヒロインを満遍なく攻略していったため、結果的にメインかと思われた姫子への印象が弱くなり、それがこの作品への思い入れの強さに響かなかったと思われます。むしろ最初から最後まで出番があった香凛のほうが印象に残ったぐらいです。
あとこれは言うのもナンですが、麗って必要なキャラだったんですかね? 恐らく彰人をけしかけるためのフラグ的な存在だったと思うのですが、別に攻略できなくても良かったと思うのです。その分余った尺で姫子+香凛とのシーンを増やせば良かったのにと思うと、残念でなりません。

ただ前述した通り、エロシーン自体はなかなか秀逸でした。アダルトショップグッズで衆人環視の中で香凛とセックスしたり、姫子のツインテールを掴んでイマラチオしたり、麗にペット用の皿でザー食させたりと、なかなかのハードぶり。今にして思えば、物語も恋愛寄りではなく純粋なる調教寄りだった気がしなくもないです。
そして挿絵はもふりるさん。以前神楽さん著の「生徒会長ブリーダー お嬢様の飼育日記」以来ですね。私、この方のファンになってしまったので嬉しい限りでしたw でも最後の挿絵にアヘ顔があったのはいかがなものだったろう……。ちなみにお気に入りの挿絵は、公式サイトでもサンプルとして上がっていた137頁ですかね。ツインテールを手綱のように扱うその鬼畜ぶり、天晴れです(オイ


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆



二次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルwiki
美少女文庫レビューブログ
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR