おた☆こい ver.2 ~声の天使と同棲生活~ (ぷちぱら文庫Creative)


うーん、なるほどねぇ……。

今作は以前ぷちぱら文庫で登場した『おた☆こい ~理想の彼女とイチャラブえっち~』の第二シリーズのようです。前作は私も大好きでかなり思い入れのあった作品ですが、今作は前作と同じノリで読んで若干の違和感を覚えました。

前作はとにかく2人でイチャイチャする展開が多くオタク度も結構高かったのに比べ、今作は夢に向かって邁進する少女とそれに触発されて奮闘する青年という「成長モノ」としての側面が強かったですね。それゆえの挫折や葛藤なんてストーリーも多々あったりで、基本的に甘々で通してきた前作とは感じ方が異なったんだと思います。
……今よくよくタイトルを見てみれば「イチャイチャ」なんて一言も書いてませんでした。なんだ、ただの俺の勘違いじゃないか(´・ω・`) 恥ずかしいのぉ。恥ずかしいのぉ。
んで、上記な勘違いをしたまま読み始めたので、悪い言い方をしますと肩透かしを食らったと言いますか、お前ら色々頑張ってるな眩しいよ輝いてると俺なんて矮小なの生きてて恥ずかしいなんて思っちゃいました(誇張アリ)。
あと、一部NTRっぽい展開があったのには度肝抜かれました。えぇんか? えぇんかコレ? てかよくもまぁ沙希許したよなぁ……。まぁ破局なんてなったから完全にバッドエンドだからアレで良かったんだと思いますがね。

あとエロス的には、今回はおとなしめでしたかな。まぁ今回は成長モノとしての物語を優先した結果だと思うので当然だと思いますが。個人的にエロかったのは、堀川ゆかりとのまぐわいでしたかね。……メインヒロイン涙目やん。スマンな沙希。

さて、これは第二弾ということだったので、第三弾もあるんでしょうか? 一作目と二作目で物語の雰囲気が結構違っていたから、三作目もまた違った毛色の作品になるんでしょうかね。まぁ、とりあえず注目してみたいと思います。



ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆+
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★☆☆+


ぷちぱら文庫公式サイト
エロライトノベルwiki
美少女文庫レビューブログ
スポンサーサイト
[PR]

ツンツンメイドはエロエロです (美少女文庫)

「こんなにおっきくさせて……ホント、 救いようのないエロ童貞ご主人様ね」 暴言毒舌幼なじみ・針山桐葉がメイドになって押しかけご奉仕! エロエロ趣味を矯正すると言いながら──フェラ、パイズリ、顔射まで! 甘く危険なメイドゲームで初恋相手と初体験! どんどんツンドラ彼女が好きになる!

さてさて、やっとこさ4月分美少女文庫まで戻ってこれました。1ヶ月遅れですが、はていつになったら追いつけるやら……?

まぁそれはさておき、今作はなかなかの力作でしたね。やったね青橋さん! 重版が出る(かも)よ!
まず感じたのが、テンポの良い会話の応酬だという点です。過去作でいう「生徒会長は妄想系」に通ずるものを感じます。これは主人公が(ヘタレだけど)言うだけのことはちゃんと言える(ツッコミ的な意味で)人間なのが大きいですね。主人公の栄春が桐葉の毒舌や罵倒に逐一ツッコミを入れるので会話も大分豊富で、それを読んでるだけでも楽しいです。あと、桐葉の容赦ない毒舌の中にも、栄春への隠し切れない愛情やら好意が滲み出ているのがニヤニヤできますねぇ。まぁ栄春は終盤まで気づかなかったようですがw
ヒロインの桐葉のキャラも、心地よいツンキャラであるのが大きかったです。強すぎるツンやらSっ気は人を選ぶことが多いですが、私はこの按配がゾクゾクして大変良いです。あぁ、堪らん……(オイ)。そしてそんな彼女も、物語が進むに連れて積極的になってきた栄春によってマゾっ気を開花させられ、終盤には責められて悦ぶ姿が拝めます。ツンなキャラが堕ちる姿はやはりそそりますよね! 297頁の挿絵なんてまさに最高じゃないですか! もうちょい顔がアヘってもえぇぞ!(え
あと、物語自体もなかなかに新鮮。そもそも「メイドゲーム」なるものが物語の主軸であるというのも珍しいですし、そんな発想私にはなかったです。それにしても、上手い具合に家事の「さしすせそ」合わせて、なおかつそれをエロ展開に結びつけ、なおかつ栄春や桐葉たちの進展にも繋げるとは……。やはり天才か。
これは今後も楽しみですね。次回作も期待したいと思います。

ちなみに、参考までに私の「メイドゲーム」選択リストをば。
裁縫:C 躾け:B 炊事:C 洗濯:C 掃除:B
……おかし、全部一致じゃねぇか。そうか、栄春って俺だったんだ(んなわけねーだろ



ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★★☆+
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆+



美少女文庫公式サイト
エロライトノベルWiki
美少女文庫 レビューブログ

ミルク生徒会長 魅惑のにゅ~ランキング (二次元ドリーム文庫)

巨乳がステータスとなる櫻南学園。そんな校則を変えるために生徒会長を目指す幼馴染みに豊胸マッサージをお願いされた和明。彼がマッサージするとなぜかミルクが出てしまい!? さらには高飛車お嬢様やおっとり副会長、元気なアイドル娘まで彼を狙って誘惑してくる!

今日は2連チャです。遅れた分は頑張って取り戻さな……。
で、肝心のレビュー。毎度おなじみ神崎さんのミルクシリーズ最新作です。

今回は生徒会3人娘とそれに対抗する幼馴染の4人がヒロインになっていましたが、正確には2+2人と表現するべきでしょうかね。ぶっちゃけ、梢と理香はその他の分類でもいい気がしなくもないw
会長のアゲハはいいキャラをしてましたね。ありがちなテンプレ高飛車お嬢様でしたが、意外と早くデレてくれてその後は献身的に尽くしてくれるので、結構好印象でした。一方の幼馴染な美雪もツンツンしながらも基本的には尽くしてくれるタイプでしたね。思えば、今回はツン成分があんまりなかったな……。まぁこんなのもいいかもです。
ちなみに私は美雪派です。5章の裸エプロンは大変エロかったです。それだけに、もっと彼女に出番を上げてもよかったのでは思うんですが。

キャラは大体満腹だったんですが、物語のほうはちょいと苦しかった気が。
胸の大きさがステイタスというのが自分磨きの現われである、という解釈はまぁなくもないんですが、結局物語のキモになっていた生徒会選挙がある意味投げっぱなしで終わったのが大いに不満でした。いくらなんでもその逃げ方は卑怯すぎるだろ常考……。
どうせなら主人公が甲斐性を見せて、能動的ハーレムを作るようなオチが良かったんですが、……神崎さんの作品じゃ無理ですかね。残念だ。

イラストは今回二次ドリ文庫2回目のあいのせりんさん。前回は筆祭さんの作品で見かけましたが、今回のアゲハがその時のヒロインである真凛花とほぼ同じに見えてしまったのはここだけのお話。あいのせさんって、顔がどうしても似通ってしまうタイプの絵師さんなんですかね。


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★☆+



二次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルwiki
美少女文庫レビューブログ

これでも僕はご主人様? ダブルメイドに板挟み (二次元ドリーム文庫)

ツンデレメイドと優しいけどちょっと怒ると怖いメイドと同居する、うらやましいようなツラい日々。お風呂で、部屋でそれぞれご奉仕してくるちょっとヤキモチ焼きな二人のメイドの板挟みになるなんて、ご主人様もラクじゃない!?

ちょお久しぶりのレビューでございます。やっとだ……。やっと私の時代が戻ってきた……っ!(注:そもそも来てません)
ソロモンよ、私は帰ってきたどっ!(オイ

さた、肝心のレビューですが、すごく……普通です……。というか、特色がない。むしろ特色がないのが特色レベルの特色のなさ。一応、おしかけメイドものとしての基本を押さえてあるものの、「基本を押さえている」だけで、それ以上がない。
例えるなら、ケーキ作ったけどそれはスポンジ生地作ってクリーム乗ってるだけの代物。イチゴもなければ、チョコレートプレートもなし。そんな素っ気無さです。
じゃあエロはどうかというと、これまたオーソドックスで特色がない。特にこれといったプレイがなく、濃さも普通(むしろ薄い?)。それでも敢えて良かったシーンを上げるなら、4章のビキニ水着+猫耳な恵莉那ぐらいですかね。

んー、言葉を選ばないなら「ぼくがはじめてかいたエロしょうせつ」な感じでしょうか。さすがにコレではこう言わざるを得ないでしょう。
「天戸さん、もうちっと頑張れや」


ストーリー:★☆☆☆☆+
キャラクター:★★☆☆☆
エロス:★★☆☆☆+
イラスト:★★★☆☆



二次元ドリーム文庫公式サイト
エロライトノベルwiki
美少女文庫レビューブログ

どう見ても周回遅れです。本当にありがとうございました。

お久しぶりでございまする。一般ブログでも書きました、GW前後から繁忙期でプチロストしていたマサヒトでございます。
世間では既に5月のJP新刊が出回って読者の股間心を楽しませている最中、私は4月分すら読めていない現状。この調子だと、6月に入る前にやっと4月分消化な予感な気がします。
どう見ても周回遅れです。本当にありがとうございました。いや、全くもってありがたくなんてないんですが。
そしてそのせいかどうなのか、私の欲望ゲージが急降下なう。このままでは不感症とかEDとかなりか……ねるわけはないんですがっ!
いあー、でも困った困った。どうしよう(オイ
まぁとりあえず、嵐が止むまで待ってみるしかないですね。しばらくの間は某Mりっちさんや某M響さんにお任せする手もありますが、やはり私がヤれないと楽しくないですしねっ!

というわけで、現状報告でした。それでは皆様、良いJPライフを。
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR