クラスメイトのブロンド留学生はどうやら隠れオタらしい (二次元ドリーム文庫)

クラスメイトのブロンド留学生はどうやら隠れオタらしい (二次元ドリーム文庫 230)
【感想簡易モード実施なう】
うーん、いいですねぇ。実に良い……。この作品、単なるエロさというよりは「男の憧れ」を具現化できていることを賞賛したいです。ブロンド英国少女と恋人とか、憧れるシチュエーションじゃないですか? 下半身に直結するリビドーというよりは青春チックなものですが、それこそが良いんです。……言葉じゃ上手く言えませんが、分かりませんかね?(知らんがな
物語の流れとしても、ふとしたことからお近づき⇒オタバレ⇒一気に親密に⇒情事を盗み見してエロシーン、という流れは鉄板ゆえの安定感とともに、健全な微笑ましい(そうか?)営みに安心して読める心地よさを感じます。かといえば、ソフィアはむっつりスケベでMっ気があって敏感体質とか、エロベ的にお約束を踏まえながらも可愛く悶え乱れる様は劣情も誘う……。うむ、なかなかどうしてこうも美味しい作品なのか……。
エロシーンの数さえみれば少ないほうですが、内容は濃い……というよりはこれでもかというイチャコラ重視のもの。ある意味、お腹一杯です。お気に入りは、3話のストリップ家庭教師ネタが良かったり。……発想が親父染みてるとか言ってはいけないw
挿絵はエロシーンのほかに日常シーンにも結構割かれており、それがソフィアの可愛らしさに一役買ってる感じになっています。53頁の瞳がランランに輝いてるソフィアなんてすっげぇ可愛いじゃないですか……。ナントウラヤマシイw エロイのでいったら121頁が至上。異論は認めない(え


ストーリー:★★★★☆+
キャラクター:★★★★☆+
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆
スポンサーサイト
[PR]

マゾマゾフィアンセ 幼なじみと7つの試練 (美少女文庫)

マゾマゾフィアンセ 幼なじみと7つの試練 (美少女文庫)
【感想簡易モード実施なう】
良かったんじゃないのかなっ!? 今回の上原さんはアタリだったようです。
物語としての根っこは典型的な「ツンデレ娘をエッチに蕩けされる」ネタでしたが(典型なのかそれ……)、そのクオリティーがなかなかに高かったです。最後まで読んでからもう一度読み返し見れば、明沙がちゃんと物語が進むほどにデレていくのが丁寧に描かれているのが分かるはずです。
もうその見事な推移だけでも賞賛モノですが、エロスに関しても申し分なし。「初体験でイく」から始まり、「明沙からおねだりさせる」「アナルセックス」「アヘ顔ダブルピース」などなど……。もうおいしいと思えるシチュエーションを満遍なく揃えており、描写的にも明沙の蕩け具合がいい按配に描かれており、拍手喝采な出来でしたね。シチュとして好きだったのは4章の白スクでのビデオ撮影+アヘ顔Wピース(挿絵的にはそんなアヘってないですが)、描写的には6章のボンテージ衣装での野外散歩が秀逸だったと思います。
挿絵のkinoさんもいい仕事ぶりでしたが……、5章のメイド服奉仕の挿絵が後背位からの構図だったせいでメイド服姿がよく拝めなかったのが悔しかったのが唯一の心残りでしたかね。あと、悠の女装メイド姿をなぜ挿絵にしなかったし(いや、ねーよ)。ちなみにお気に入りは、2章でおねだりしてくる明沙の挿絵。エロ可愛いとはこういう表情を言うのではないでしょうか。脱帽です。



ストーリー:★★★★☆+
キャラクター:★★★★★
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★☆☆+

お姫様があらわれた! お嫁さんになりたそうにボクをみている! (二次元ドリーム文庫)

お姫様があらわれた! お嫁さんになりたそうにボクをみている! (二次元ドリーム文庫 227)
【感想簡易モード実施なう】
なんか神楽さんにしては大人しい1冊でしたね。
……というのも、作者近影に意図的に大人しくしたという記述がありました。曰く「今回はソフトなプレイを心がけ(中略)キモオタプレイはございません。……いつも何書いてんのさ」とのこと。いや全くだよ(オイ
でも、大人しい神楽さんは神楽さんじゃないと思うんです。この方は下品スレスレ(てか下品?w)なハードプレイが売りですから、それに恐れをなしてはいけないと思うのです。実際、そのせいか今回は随分と薄味。かといってストーリーが強いといえば、そうではない。いつもみたいに、都合いい……もといサクサク展開。とはいえ、珍しく主人公がちゃんとした意思でヒロインと付き合おうとしたのは、多少プラス評価ですね。今までのなぁなぁ野郎とは大違いですね。

プレイ的には、しいて言えば第3話のプールでの白スク情事が良かったくらいですかね。でも今回はいかんせん濃さが足りないのが、かなり響いてる感が……。次回作に期待ですね。あぁ、でも次もスク水まみれな希ガス(え


ストーリー:★★☆☆☆
キャラクター:★★☆☆☆
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★☆☆

妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場! (美少女文庫えすかれ)

妹と幼なじみがヤンデレすぎてハーレム修羅場! (美少女文庫えすかれ)
【感想簡易モード実施なう】

あ……ありのまま、今、読んで思った事を話すぜ!
「おれは美少女文庫を読んでたと思ったら、ホラー小説を読んでいた」
な……何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何を言ってるのかわからなかった……。頭がどうにかなりそうだった………。
リョナだとかヤンデレだとか、そんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。


みたいな感じw いやぁ、久々に怖い思いしましたぜ……。これは股間がいきり立つとか、そういう問題じゃないです。やっぱヤンデレはこえぇよ……。いかん危ない危ない。もうそれだけで終わった1冊でした。
とはいえ、そんな中でも充実していたエロスを盛り込んできたのは、さすがハバラードと言いますか。気に入ったのは、第5章のブルマ状態での緊縛折檻。でも残念ながら、挿絵がそのお姿を存分に拝めない構図であったことが悔やまれる……! ミヤスリサさん、なにゆえこんな非道を……っ!


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★☆☆☆+
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★☆☆

学園の女王様を一日デート券で好きにしちゃえ!(美少女文庫)

学園の女王様を一日デート券で好きにしちゃえ! (美少女文庫)


【感想簡易モード実施なう】
正直、ここ最近の作品は少々ノれない感じがしてましたが、コレは久々に良い感じでした。やはりわかつきさんは変に奇を衒うよりオーソドックスに攻めたほうが面白いと再確認。……とはいえ、外見洋風だけど中身和風なお嬢様でM体質なヒロインがオーソドックスなのかよと思わなくもないですが、“美少女文庫”的には割りとオーソドックスです。本当にありがとうございました。
ドラマ的な部分では、沙月を貶めようとした犯人が誰なのか? という部分が安直ながらも結構楽しかったですかね。まぁ悪い笑みしてたなんて描写されたらその時点で犯人確定なのも同然だと思ったので、最初っから悠子お嬢様がクロなのは分かってましたがね。だけどソレに対する沙月が下した処罰がらしいなぁと感心しました。
そもそもの発端になった「デート券」も悠子の策略だったものの、それで出会った新太が結果的に彼女を救うことになったのが、悠子からしてみれば運命のいたずらだったでしょうねぇ。沙月からしてみればロマンティックな出会いだったと思いますが。

エロス的にはいつものようにSM的な内容でしたが、貞操帯が出てきたのには驚きました。何気に初出し? あと自室の天井に緊縛用のフック付いてるかとどーなんよと思いましたが、まぁえぇかと、と思った私は重症だと思いました。
挿絵的には、あまかわあきとさんの絵が濃度的に濃い目だったのが気になったところ。なんかカラーイラストをまんまグレースケールにした的な感じに見えたのは、気のせいだろうか……?

ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★☆☆

風紀委員長はエッチな声のお仕事をしています (ぷちぱら文庫Creative)


【感想簡易モード実施なう】
相も変わらずドエロいのは愛内さんの特色ですが、物語の展開として今回は結構冒険したのかなぁ、という印象アリ。
序盤……というより、中盤に入るまでセックスシーンがない(オナニーとかはありましたが)のに結構驚かされたのがその理由です。あと単純な流れとして、先輩声優に相談⇒主人公と実践⇒先輩声優に相談⇒主人公と実践……のようなパターン化した形というのが流れ作業感が出てイマイチでした。
それと、主人公が不良扱いされていてヒロインが風紀委員長……という設定が物語としてはそこまで機能していないのも気になったところ。ぶっちゃけ、不良でなくても風紀委員長でなくても問題なかったんじゃね? と思ってしまう展開ばかりだったのが惜しかったです。あと、おまいらいつの間に好き合ってたの? と思ったんですが、これは口にしないほうが良かったですかね。
とはいえ、前述した通りエロの濃さは折り紙つき。特に7章の主人公曰く「下品な音」なフェラはなかなか良かったです。ハァハァ(オイ


ストーリー:★★☆☆☆+
キャラクター:★★★☆☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★☆☆+

妹はグラビアアイドル!3 (二次元ドリーム文庫)

妹はグラビアアイドル!3 (二次元ドリーム文庫 225)


【感想簡易モード実施なう】
今回は咲希がメインのおはなし。『妹は~』なタイトルなのに、小悪魔エンジェルが主役とはこれ如何に……という突っ込みはモチロンなしですよ? 彼女も1,2作目で色々活躍して人気が出てきた(であろう)ことから、こういった運びになったのかと。私も彼女は好きなので、主役だと知ったときは嬉しかったですねぇ。とはいえ、梨奈もちゃんと出番があるところが『妹は~』の看板を背負っているヒロインたる所以ですかね。でも、真琴さんェ……。
ストーリーの流れとしては、咲希を陥れようとする事務所の先輩であるBBA……ではなく橘エリカからの妨害や工作に翻弄される咲希たち、というような展開。読んでいて平然とエグいことをしてくるエリカではありあますが、そんな彼女でも咲希からしてみれば尊敬する大先輩であり、憧憬の念は薄れないのだとか。ホント、この作品の娘らは良い人ばかりやでぇ……。騒動のオチもそんな感じで片がつき、彼女たちの人の良さや(ある意味での)心の強さはいまだに健在、というところでしょう。なかなかに読み応えがありました。
その一方、エロシーンの濃さも健在。回数も多めですし、アイドルヒロインなので特殊な衣装を使ってシチュもあったりと、結構楽しめました。お気に入りはナース服の咲希と梨奈による3Pですかね。この時ほど、私は医者になりたいと思ったことはなかった……。(オイ

読む前は前作のこともあり不安でしたが、蓋を空けてみれば良い感じにまとまって良かったと思います。やはり梨奈や咲希や真琴さんの関係はこれが一番安定してますから、物語を動かすのはこの関係に干渉してこない第三者が適任ですよね。この感じなら、また続編出てもいいかもです。


ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆

『My妹~小悪魔なAカップ』アニメ版発売されましたね

さっそく買って視聴したのでレビュろうと思ったんですが、ガチエロなメディアなので向こうのブログで掲載します。気になる方は↓から是非。

マサヒトのろこつえろす。

魔王を倒す勇者のハズが……負けたら子づくり!? (美少女文庫えすかれ)

魔王「勇者よ、我と子づくりしよう」異世界に召喚された僕の前に現れたのは魔王クレハ! 淫魔のラパラには騎乗位で搾られて! ワーキャットのヤマリアにはニャンニャン♥されて! 伝説の勇者になったハズが、負けまくってモンスター娘たちから逆レイプ! レベルUPするのは股間の聖剣だけ!?

さぁ……飲み込んでご覧。僕のエクスカリバーを……(オイ

みたいな展開だったら面白かったのに……と思った私の脳味噌はどう考えても末期です。本当にありがとうございました。

さて、いつもの安定した孕ませ山口節炸裂でございますが、ぶっちゃけ私からしたらそれだけで以上も以下もなかったり。ここ最近はいつもこんな展開ばっかですし、単に舞台とキャラだけ違うだけやん……というのが、まぁ本音。強いていえば、ヤマリアが可愛かったとか、デレていくクレハが可愛かったとか、それくらいです。……アレ? 十分か。


ストーリー:★★☆☆☆+
キャラクター:★★★☆☆+
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★★☆

妹!妹!!妹!!! (二次元ドリーム文庫)

妹!妹!!妹!!! (二次元ドリーム文庫 223)

いやぁ、まいまいまいったねぇコリャ(歓喜

ようやく二次ドリ文庫5月分でございます。もう周回遅れとか気にすんの止めました。タイムリーな記事は某みっちさんにお任せして、私は某ごらく部のようにマイペースに行くことにします。
……ウン、JPで関係ないネタ出してごめんね。じゃあさっそくレビューしますだ。


さて、この作品は当初大分注目してました。なにせ妹ヒロインということもさることながら、『妹』3文字使って「まいまいまい」と読むくらいですからね。さすがJP、と頷かざるを得ません。編集さん、ナイスでーすw
んで、肝心の出来は妹モノということで過剰な期待をしていた分、少々物足りなさを感じたものの概ね良作だった、という感じですかね。
実妹の遙のツンツン具合がキツすぎず、ヌル(?)すぎない程度だったのと、実は兄の目が届かないところでは初っ端からデレッデレで事をイたしていたほどのドスケベっ娘だったという設定が、私に大ヒット。おまけに4章の単独エロシーンではメイドコスプレでおっぱおホールなどというすんばらすぅいプレイをご披露してくださるという、サービスっぷり。もう遙居たら他の2人いらへん、というぐらいでした(オイ)

ただ遙以外の2人となると、花の小悪魔っぽいキャラと強かさは良しとしても、頭の緩いエレンが少々お気に召さなかったですかね。なんつーか、おバカな娘はそんなに好きじゃなかったり(え) しかしエレンのソープシーンとか、花をわざと恥ずかしがらせようと兄の俊一が事の最中にエレンを呼んでクンニさせたシーンなんかは、なかなか良かったです。
そんな具合でシチュ自体は好みでしたが、エロスの濃さはもうちょいあれば嬉しかったですかねぇ。あと当然ながらヒロインが3人居たため、濃さが分散されてしまったのも辛かった要因だったかもです。あとラストの締め辺りで登場したイザナミとかって、必要だったんですかね? まぁ別にどうでも良いといえばいいんですが。


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★★☆☆
イラスト:★★★★☆+
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR