行く年来る年

さて、今年もそろそろ終わりでございますね。
今年は少々、悔いが残る一年と言ったほうが良いかもしれません。
皆さんご承知の通り、現在レビューが急激に遅れている状況です。大体1クールくらいは遅れています。はっきり言いまして、現在の生活スタイルではもうこの遅れを取り戻すことは不可能だと悟りました。
だが、それは言い換えればリアルタイムで流通したものを時間差で取り上げることで、ひとつの作品の息を長く持たせられるという、高度のテクニックだったりします。だから、これは別に悪いことばかりではないんですよね。
……ウン、そんなわけねーだろ!w


というわけですが、フミツキマサヒトはマイペースで今後もヤっていく予定です。リアルタイムでの流通をご覧になりたい方は、某りっちさんのブログをご参照くださいませませ。
それでは、皆さんよいお年を。
スポンサーサイト
[PR]

おっぱいサムライ娘としてみませんか? (二次元ドリーム文庫)

おっぱいサムライ娘としてみませんか? (二次元ドリーム文庫 229)
これは良い巨乳モノだ……!

さた、年の瀬も迫ってきました今日この頃。大体半年前の作品ですが、まぁ気にしたら負けでごわす。
そして089タローの作品だったわけですが、これは久々に良いアタリを引いたという感じですかね。私の今までの089タローさんって、ある意味「キャラ属性特化正面強行突破型」な作風(なんのこっちゃ……)だと思ってましたが、今回はストーリー的なところにもなかなか良い旨味がしみていて、エロシーン以外でも愉しませてもらったものです。
朔耶との出会いとか、初エロまでの流れとか、爛れていく過程とか。あと終盤の朔耶父との対決も、テンプレながら熱い展開で良かったと思います。まぁもっとも、その後のエロシーンのほうが熱かったりするのはお約束ですがね!w(おい
それと、キャラ性癖的には敏感巨乳という割かし分かりやすいものでしたが、むしろこういう分かりやすいモノを強力に解き放つのが089タローさんなので、エロシーンの力の入り具合は半端ないものでしたね。
お気に入りは色々あるんですが、シチュ的にはエロ下着を着けていた4章、挿絵的にはおっぱいドロドロだったりまんぐり緊縛だったりな5章が好きでしたかね。そしてまさかの妊娠ENDには驚愕しましたよw


という感じで、今回は花丸を差し上げたいと思います。(小並み)
あと、これで今年のレビューは最後になりそうな気がしますんで、ちょっと早いですがこの言葉をお送りしたいと思います。

皆さん、よいお年を!

ストーリー:★★★★☆+
キャラクター:★★★★★
エロス:★★★★★
イラスト:★★★★★+

トリプル美少女に抜け駆け誘惑されてご奉仕ハーレムな件 (二次元ドリーム文庫)

トリプル美少女に抜け駆け誘惑されてご奉仕ハーレムな件 (二次元ドリーム文庫 235)抜け駆けはしないと約束したな? アレは嘘だ(おい

いい加減このネタ止めろと小一時間。でも、実はこの作品にいたってはそれほどふざけたわけでなく、内容の一部を端的に表したモノなのが恐ろしいw

さて肝心の中身なんですが、テンプレハーレムに「抜け駆け」「出し抜き」がやや強調された程度で、ぶっちゃけコレといって特徴的なナニがあるものではなかったです。そうなると後は単純に、キャラに萌えられるか、使えるエロスかということになるんですが、後者はキャラ補正があれば、前者はうまくバラけた属性に嵌ればイけると思います。

私のイチオシは、表紙中央の燈山冴絵(ひやま さえ)でしょうかね。典型的ツンデレ生徒会長でしたが、振り子の原理によって終盤の告白シーンの破壊力は3ヒロイン中トップクラスの威力を発揮。おまけに困惑と羞恥の入り混じる微妙な表情を浮かべる彼女の挿絵が入る力の入れよう。これは彼女を押さざるを得ない。
次点で表紙左で年上幼馴染でおっぱいさんな詩川麻里亜(うたがわ まりあ)の、ダダ甘抱擁力もなかなか……。最初に主人公の童貞喰った抜け目無さは伊達ではないということでしょうかね。
3人目のティアはオタかぶれした外国人プリンセスという属性は良かったものの、言動的に痛いのが個人的に響いて……その……お察しください(え

エロシーン的には、まず全員で顔合わせのオーラルが行なわれてから、各ヒロインを一人ずつ経験していき、最後の3Pという典型的な流れ。作品の設定で主人公とヒロインたちはティアが設立した「ご奉仕部」に所属しているので、ヒロインが標準でメイド服というナイス仕様となり、つまるところメイド服でのシチュが実に2シーンもあるというワタクシ垂涎の内容となっておりました。痛姫のティアでしたが、これだけは大いに評価したい。えぇぞオラ!(おい

まぁ、おしなべて中の上という感想でしたかね。ハーレム系エンドとしてはよくある「現状維持タイプ」だったことも加味して、こんなところだったと思います。


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆+
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆

妹と子づくり神社! (美少女文庫えすかれ)

妹と子づくり神社!  (美少女文庫えすかれ)
いもうとはいいねぇ。リリンの生み出した文化の極みだよ(違います

このところ順調に消化できてるマサヒトでございます。今回は↑でござい。
まぁ感想なんて書くまでもなく、既に勝敗は決しているわけですが、一応書きますね。それが私の役割ですし(おい

さて、河里さんお得意の安定感抜群のハーレムに、今回は実妹と義妹が組み合わさると言う一粒で二つ美味しい仕様となっており、それぞれの特色も「義妹:包容力たぷりで、(性的にも)早熟」な舞衣と、「実妹:ツンケンで攻撃的だけど、実は初心」な奈々子と、書き分けられているのがなかなか良かったですね。特に初体験の際に奈々子が怖気づく辺り、初心な感じが現われていて2828でしたねw
あとハーレムではお約束である「一番さん争奪戦」が勃発⇒ヒロイン同士が和解して百合百合する、流れも健在で安心しました。終盤で顔射されたお互いの顔を舐め合うシーンなんて、股間が熱くなるじゃないですか。素晴らしいお(おい
エロシーンで一番気に入ったのは、海水浴場での野外セクロスですかね。挿絵的には285頁ですが、シーン的にはこちらが好きです。やはり野外は燃えるものがありますからね。神通力でほぼ見られる心配がない状態ですが、まぁその辺は別にいいんですよ。野外≠衆人環視じゃないですから、私の中では。
そして挿絵は前述した箇所が好みでしたが、絵師がひなたももさんというだけで既に勝敗は決していたわけであります。「お嬢様メイドはヴァンパイア!?」からファンになった私としては、定期的に来ていただける現状は大変嬉しいものがありますゆえ……w


まぁ、感想としてはこんな感じですかね。実妹と義妹の複合技って、萌えますねぇ……w


ストーリー:★★★☆☆+
キャラクター:★★★★☆
エロス:★★★★☆
イラスト:★★★★★
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR