トリプル美少女に抜け駆け誘惑されてご奉仕ハーレムな件 (二次元ドリーム文庫)

トリプル美少女に抜け駆け誘惑されてご奉仕ハーレムな件 (二次元ドリーム文庫 235)抜け駆けはしないと約束したな? アレは嘘だ(おい

いい加減このネタ止めろと小一時間。でも、実はこの作品にいたってはそれほどふざけたわけでなく、内容の一部を端的に表したモノなのが恐ろしいw

さて肝心の中身なんですが、テンプレハーレムに「抜け駆け」「出し抜き」がやや強調された程度で、ぶっちゃけコレといって特徴的なナニがあるものではなかったです。そうなると後は単純に、キャラに萌えられるか、使えるエロスかということになるんですが、後者はキャラ補正があれば、前者はうまくバラけた属性に嵌ればイけると思います。

私のイチオシは、表紙中央の燈山冴絵(ひやま さえ)でしょうかね。典型的ツンデレ生徒会長でしたが、振り子の原理によって終盤の告白シーンの破壊力は3ヒロイン中トップクラスの威力を発揮。おまけに困惑と羞恥の入り混じる微妙な表情を浮かべる彼女の挿絵が入る力の入れよう。これは彼女を押さざるを得ない。
次点で表紙左で年上幼馴染でおっぱいさんな詩川麻里亜(うたがわ まりあ)の、ダダ甘抱擁力もなかなか……。最初に主人公の童貞喰った抜け目無さは伊達ではないということでしょうかね。
3人目のティアはオタかぶれした外国人プリンセスという属性は良かったものの、言動的に痛いのが個人的に響いて……その……お察しください(え

エロシーン的には、まず全員で顔合わせのオーラルが行なわれてから、各ヒロインを一人ずつ経験していき、最後の3Pという典型的な流れ。作品の設定で主人公とヒロインたちはティアが設立した「ご奉仕部」に所属しているので、ヒロインが標準でメイド服というナイス仕様となり、つまるところメイド服でのシチュが実に2シーンもあるというワタクシ垂涎の内容となっておりました。痛姫のティアでしたが、これだけは大いに評価したい。えぇぞオラ!(おい

まぁ、おしなべて中の上という感想でしたかね。ハーレム系エンドとしてはよくある「現状維持タイプ」だったことも加味して、こんなところだったと思います。


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆+
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR