7月のJP新刊情報+JPニューフェイス紹介

7月です。夏です。暑い夏です。今年はそれに加え節電ですから、なおのこと暑いですよねぇ……。だというのにこんな股k……身体が熱くなるような話題を出す私はKYなんですね分かります(ヲイッ
でも皆さん……、熱いの、嫌いじゃないですよね?w


んなこんなで、ささっとご紹介。

ヒミツのメイド王国 (美少女文庫)
七海 ユウリ
フランス書院
発売日:2011-07-20

さらわれた先は、メイドたちが暮らす秘密の王国!? 無理やり次期国王にされた秋人は、彼女たちの処女を奪って顔射決め!



ツンな幼なじみお嬢様・みらんは、実はエロゲ大好きMドレイ!? マジメ委員長・清香は、なんとエロマンガ家で凌辱志願!?



お嫁な生徒会長 (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院
発売日:2011-07-20

「私たち、愛し合っているんです!」偶然助けた逃亡花嫁は生徒会長の桜庭梨果!? 口裏合わせで始まった偽装だけど甘~い新婚生活!



ツンとお嬢さまと花嫁修業 (二次元ドリーム文庫 193)
筆祭競介
キルタイムコミュニケーション
発売日:2011-07-13

幼馴染みのお嬢さまが花嫁修業にやってきた! 炊事などの家事に加え、夜のお世話もしてくれるツンデレお嬢さまとのドタバタラブコメ!



デキる妹はイヤですか?2 (二次元ドリーム文庫 194)
089タロー
キルタイムコミュニケーション
発売日:2011-07-22

年頃になってツンツン、クールな妹たちが、ある事件をきっかけに幼児化!「お兄ちゃん……赤ちゃんつくろ?」と言い出して!?



ハーレムキャッスル4 (二次元ドリーム文庫 195)
竹内けん
キルタイムコミュニケーション
発売日:2011-07-22

公用でダリシン王国へ赴くフィリックス。その旅行は花嫁候補のお姫様や熟女の色気ムンムンの叔母とのエッチでやっぱりピンク色に!?


まずは美少女文庫から。
今月の美少女文庫は3冊のようですが、どれもこれも興味をそそる表紙ですねぇ。
注目は約1年ぶりの七海ユウリさんでしょうか。メイドといえば前々作『お嬢様メイドはヴァンパイア!?』がヒットしただけに期待が膨らみますが、前作『さいみん生徒会』が(私的に)コケたのが気がかりではあるんですがねぇ。まぁでも悪くない賭けかと思って購入予定に。
巽さんはこれまた直球なネタでごぜーますね。オタクヒロインは×モヲタな私的に好物なのでどうしても期待してしまいますねぇ。てか紹介文にMドレイって、またかよとw 巽さんは好きですねぇ。あと水無月さんとのコンビも久々?
わかつきさんはお嫁さんネタのようですね。他の挿絵と比べると大人しい感じがしますが、だからこそ気になる私がここにいるw みかづき葵さんが挿絵というもの、結構気になるポイントかと。小説の挿絵ってもしかして初?

お次は二次ドリ文庫。
安定の筆祭さんはお嫁さんネタのようです。……わかつきさんと被ったのは偶然か?w まぁ偶然でしょうね。お嬢様と花嫁修業とか、どう考えてもwktkです本当にありがとうございました。
そして089タローさん。……「デキ妹」第2弾ktkr! あの時の衝撃と興奮が股間に蘇ってきましたぞ!(をい)そして挿絵も前回と同じあここ。さんとか、もう垂涎すぎる。
竹内さんは毎度お馴染みハーレムシリーズ。もはや説明は不要かと。しかしホント長寿シリーズですよねぇ……。


……いやぁ、下半身身体中が熱くなってきましたよ。今月もよろしくお願いいたします!


おっと、ちょいと忘れていました。そうそう、先月JP界にニューフェイスが登場したようなのでご紹介します。『ヴァージン文庫』という、オークス出版の新顔ですね。
とりあえず某みきりっちさん(全然某じゃねぇ)からの情報ですと、『二次元ドリームノベル』と『あとみっく文庫』のノリに近い、ということらしいです。
恐らく私の嗜好にはあまり合わない作品が多くなりそうなので、あまり話題には上らないかもしれませんが、とりあえずお布施としてデビュー作のこれは買ってみようかなぁと思ってます。

白木琢磨は男でありながら女子新体操のコーチを目指す異端の指導者。父親のコネを使って名門・聖水女学院に赴任した彼だったが、真面目に少女たちを指導する裏で、関係を持ち続けていた少女・榊枝緑子と淫らな関係を持ち続けていた。そこに二人の関係を覗き見た飯崎由紀恵が加わるが、彼女は琢磨と深い関わりりがあった。めくるめく快楽と肉欲、決して抜け出せない愛欲の底なし沼にはまり込む男の喜悲劇。背徳と相姦劇が今、始まる。


……紹介文の時点でもう美少女文庫とか二次ドリ文庫の雰囲気じゃねーですね。てかこれはJP扱いしていいものなのだろうかと小一時間。まぁまだスタートしたばかりのところですし、もうしばらくは動向を見守っていくことにします。

AUTHOR: フミツキマサヒト DATE: 08/10/2011 22:16:39 おぉ、チャットですか。
私も導入してみっかなーと思い、だけど運営がメンドそうということで二の足を踏んでます。
あとツイッターは未だにどーいうものなのか分かりません。教えて偉い人。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

初めまして、ご神体と申します

なんかコメントを観たら活動休止していたのですね、レビューはこれから読ませていただきます



あと、ウチとリンク張らせていただいてもよろしいでしょうか?

ウチは二次元モノ総合、って感じのジャンルのブログです

陣さん、返事が送れて申し訳ありませんでした。

そちらのブログも充実しているようで何よりです。お互いに頑張りましょうぞ( ^ω^)



遅れましたが『キャッスル4』刊行を記念して、専用の掲示板も新設しました。



よろしかったらどうぞ。

>七海さん、復活ですか。美少女文庫の作家にたまにある10冊の壁で消えていったのかと思ってました。

私も何処へ旅立ってしまったのかとちょい心配でしたが、こうして戻ってこられたので、まぁ良かったです。

だからといって新作を手放しで期待はできないわけですがね……。前作「さいみん生徒会」の件もありますし。

七海さん、復活ですか。

 美少女文庫の作家にたまにある10冊の壁で

消えていったのかと思ってました。

 しかしこの人は僕にとってフミツキさんに対する羽沢向一

さんのような存在なので、多分パスするかと。

 デビュー作から三連続で「裏切られたー」と思った出会い

だったから。



 巽さんは当確線上、わかつきさんはまぁ大丈夫でしょう。

 

竹内さんのキャッスルは第四弾か。

 この作品一種の大河ドラマの様な物だからまだまだ続くでしょう。

 誰かが大陸統一するまで続くだろうから。

 

   

・試される大地さん

>あんまりエロっぽくない絵柄なのがどう転ぶか。

きっと表紙はあぁでも、挿絵はドエロいに違いなんですね分かります(おい



・みきりっちさん

>続編系は、あまり過度の期待をしない様にして読みたいですねぇ。

「デキ妹2」は恐らくコンセプトを似せた第2弾あと思うので、まぁ大丈夫そうな気がしますがねぇ。でも前作を下回ってしょんもるという可能性も(汗



・水響俊二さん

>フランス書院でずっとNGだった筈で、それを覆して出版にこぎつけたということは、よほどのデキ?

妊娠ネタを解禁させたわかつきさんだからこそ、という見方もできますよね。さすがですっ。

>以前どっかでお姉ちゃんがそうなったことがあったような。

某巽さんなんですね分かります(全然某じゃねぇ)

> 嫌いじゃないですよね?

いやー、「暑い」の嫌いなんですけどね。汗だくになってラーメンを食うみたいなもんでしょうか(笑)。



オタク系(笑)ヒロインって、すっかりこの世界(広い意味で)で市民権を得てしまいましたね。やはり、どっかの妹さんのお蔭ですかね。



お嫁さんというのは、フランス書院でずっとNGだった筈で、それを覆して出版にこぎつけたということは、よほどのデキ?

でも、偽装といってますけど、素直にそれを信じていいのかどうか。



幼児化って……以前どっかでお姉ちゃんがそうなったことがあったような。



> 愛欲の底なし沼にはまり込む男の喜悲劇

「喜」って……(笑)

こんばんわです。

私は…、とりあえず全部って、いつもの事になっていますね(汗)

続編系は、あまり過度の期待をしない様にして読みたいですねぇ。



普通に紹介されてて、噴きました(大汗)

まぁ、お好みな作風かは分かりませんが、思ったよりは読みやすかったかなとは思います。

今後はどういう方向性で来るんですかねぇ…。

僕は今月は美少女文庫は3冊とも買いですね。



七海先生は久しぶりなので楽しみですし、わかつき先生のはイラストがどんな風になるのかが気になりますね。表紙を見る限り、あんまりエロっぽくない絵柄なのがどう転ぶか。



そして一番期待したいのが巽先生!オタクヒロインというのは以前も書いていますが、今回は神無月ねむ先生の描く表紙がモロに好みなので期待大です。

なんだか最近、神無月先生の描くイラストがどんどん好みのものになっていってるような気がします(*ノノ)
FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR