オタク系彼女! お嬢様と委員長 (美少女文庫)

 
ツンな幼なじみお嬢様・みらんは、実はエロゲ大好きMドレイ!? マジメ委員長・清香は、なんとエロマンガ家で凌辱志願!?


さてさて、7月分の美少女文庫1冊目行きますか。まずは巽さんから。


◆ストーリー・キャラクター
ヒロインは、幼少の頃に隣町へ引っ越していってしまった幼馴染・早川(はやかわ)みらんと、クラス委員長である桐生清香(きりゅう きよか)の2人。
外向きは、みらんは成績優秀で容姿端麗のモデル、清香は真面目で気弱な委員長なのですが、実は2人ともどっぷりオタク系趣味を持っていたのです!
みらんはエロゲーマー・コスプレーヤー、清香は同人エロマンガ家(陵辱系)。その趣味が、主人公の森崎明彦(もりさき あきひこ)へひょんなことからバレてしまいます。

ただ、そのバレ方が少々強引に感じてしまいまして。
みらんはゲームショップでエロゲをぶちまけたことから自棄になってエッチしろと迫り、清香はマンガの描き方で意識朦朧としていたところを助けられて妄想と現実をごっちゃにしてエッチしてと迫ります。……なんだ、どっちも脅迫じゃないか(おい
でもスマートじゃなかったなぁと思ってしまったのは、恐らく最近読んでた「花嫁修業」や「おた☆こい」がちゃんと過程を踏んだエロスへ流れ込んだ作品だったからでしょうね。

あと、2人のヒロインが明彦と関係を持ってしまったことを知ってしまい修羅場るシーンがあるんですが、ここでちょいとイヤだなと思ったことが。
清香との事後の現場にみらんが踏み込んで、彼女を泥棒猫と罵って平手打ちするわけなんですが、(同姓同士とはいえ)女の子に手は挙げて欲しくなかったなぁ……というのが本音。
幸いというべきか、清香がご贔屓にしている同人作家だと分かったことで事なきことを得たのみならず、そのまま親友となってしかも主人公を一緒に愛し合おうということになり、かなりありがたい展開になります。


◆エロス
中盤では特筆すべき内容はないんですが、終盤になると校内露出プレイやメイドコスプレプレイ、コミフェス帰りのコスプレプレイなど、オタク系であることを分かりやすく表現したエロシーンが登場します。でも、意外とこれぞ! っていうのがなかったんですよねぇ。決してエロくなかったわけではないんですが。
お気に入りは、256頁からのみらん・清香でのレズプレイですかね。女の子同士のほうがエロく見えるのはなんでだろう?


◆イラスト
相変わらず神無月ねむさんのイラストはエロいですね。1年くらい前から神無月さん、モノクロイラストには効果音とか入れるようになったみたいですが、それが良いぐらいにエロスを引き立たせてくれまして、今回でもそれは抜群でしたね!
お気に入りは257頁のレズキスシーンですかね。でもどうせだったら、コスチュームがちゃんと見える構図にして欲しかったです。


◆総評
うーん。ぶっちゃけ読む前は結構期待してたんですが、正直その期待まで届かなかった印象ですかねぇ。以前似たような「生徒会長はエロゲー好き」がそれほど昔でない時期に出てたこともあってか二番煎じ感があって、苦しかったような気もします。
でも平均以上のクオリティーはあるので、あんまり気にならない人はそうでもいないかもしれませんね。


ストーリー:★★★☆☆
キャラクター:★★★☆☆
エロス:★★★☆☆+
イラスト:★★★★☆+


美少女文庫レビューブログ
AUTHOR: フミツキマサヒト DATE: 08/04/2011 22:32:17 >おとなしくてッ!真面目でッ!委員長のッ!メガネっ娘!!!
兄弟、落ち着けw
まぁ確かに清香は珍しいキャラでしたよね。なんというか、落ち着いた感じ(?)で。
でも私はみらん派だがなっ!!(おい
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

FC2カウンター
プロフィール

フミツキマサヒト

Author:フミツキマサヒト
オタク属性持ちの社会人。美少女文庫とは06年くらいからの付き合いで、そこからズルズルとJPへのめり込む。(義)妹とメイドとツンデレと×ェ××オが好き。
※画像はAuthorと関係ございません。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブクログ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR